キャンパスダイアリー

ギリシャナショナル柔道チームが本学で事前キャンプ【8月19日】

8月13日(火)~25日(日)の期間において、ギリシャのナショナル柔道チームが、皇學館大学柔道部にて来年の東京オリンピックの前哨戦でも

ある「2019世界柔道選手権大会」の事前キャンプを行うことになりました。ギリシャナショナルチームは、2019柔道グランプリ・アンタリア大会

にて、女子70kg級 金メダリストのテルツィドウ・エリザベス選手や、2019柔道グランプリ・マラケシュ大会にて、男子81kg級 銅メダリストの

アレクシス・ダナツィディス選手らを有する世界屈指の強豪チームであり、大会前の調整合宿地として、伊勢市そして本学柔道部が選ばれたことは

大変喜ばしいことです。

8月19日(月)は、練習の様子が取材陣にも公開され、本学柔道部員と共にウォーミングアップから打込、乱取、投込の練習を行い、その後地元の

柔道少年達との交流会が行われました。最後には子ども達からプレゼントを手渡し、和やかな雰囲気で交流会を終えました。

ギリシャナショナルチームは25日までキャンプを行い、世界柔道選手権に挑みます。

メイヨーの「歴史ラン」【8月11日】

 令和元年811()早朝、 英国夏季短期留学参加者5名と本学コミュニケーション学科のメイヨー・クリストファー准教授がひんやりした早朝の空気のなかで走りながらカンタベリー市と英国の歴史を学びました。今日の約6キロコースは今週最後の歴史ランで、名所や歴史遺跡を訪れることによって、英国史に直接触れることができました。今週の歴史ランの写真には古代ローマ時代 のロンドンからの「ワトリング(Watling)街道」、「カンタベリー城」( 12世紀 )、「 ウエストゲート Westgate)」 14世紀) カンタベリー市の「 ハイ・ストリート High Street)」などの風景が見えます。 今年度の英国夏季短期留学期間は83日から30日までになっています。

 

On August 11th (Sunday), five students from this year’s summer study abroad program learned about the history of Canterbury City and England while enjoying the brisk early-morning air. Today’s six-kilometer run was the last one this week, and through these visits to famous places and historical sites, students were able to experience the history of the UK firsthand. In the photos from this week, you can see the Watling Road from Roman times, Canterbury Castle, the Westgate, and High Street. This year’s summer study abroad program lasts from August 3rd to August 30th. 

教育学部による「夏休み子どもキャンプ」を実施【8月7日】

8月2日・3日、同5日~7日にかけ、本学教育学部・叶教授のゼミ活動の一環として、伊勢市近隣の小学生を対象にした「夏休み子どもキャンプ」

を開催しました。

小学3年生から6年生の児童を対象に企画され、毎年多くの小学生が参加するこのキャンプ。5日から始まった2泊3日のキャンプには約50名が参

加。9時に開校式を行い、自己紹介を済ませたのち、早速バスで一之瀬川に移動し、川遊びを体験。この日のために企画・運営・計画を練ってきたゼ

ミ生が中心となって、安全には充分配慮し、楽しく川遊びを終えました。

大学に戻り、野外炊事を開始。この日のメニューのカレーライスを協力しながら作り、片付けは自分でするといったキャンプの目標をクリアしながら

1日目の日程を終了。

2日目は、夜に降った雨の影響で残念ながら学内での活動へ予定を変更。学生の説明を聞きながら、割りばし飛行機の制作を行いました。

その後、夕食の準備では野菜を切ったり、お水を量ったり、外では火を熾したりとそれぞれの役割を分担し、頑張っている子どもたちの姿がありまし

た。このころには、学生ともすっかり打ち解け、積極的に話しかける子どもたちの姿があちらこちらで見られ、とても和やかな雰囲気で夕食の準備が

進められました。

この日のメニューは焼きそばとスープ。どの班も美味しそうな夕食が出来上がっていました。夜にはキャンプファイアーを行い、最後の夜を楽しみま

した。

最終日は閉校式が行われました。3日間を共に過ごした学生から認定書を手渡され、子どもたちはとても嬉しそうに話をしている姿が印象的でした。

最後は皆で輪になり、歌を歌って、無事に3日間のキャンプを終えました。

開校式での自己紹介

キャンプのねらいと目標

割りばし飛行機を制作中

火熾しの説明を真剣に聞く子どもたち

閉校式

海外インターンシップ『マレーシアプログラム』事前指導を実施【8月2日】

海外インターンシップマレーシアプログラムの事前指導を実施しました。

多数の応募者から抽選で選ばれた3名の学生がインターンシップに参加することとなり、その事前準備のために三重県伊勢市に本社を置くクローバー電子(株)にうかがって担当者様からご指導いただきました(インターンシップ先は、マレーシアの現地法人Aoba Electronics Co. (M) Sdn. Bhd.)。

まず、事業内容の説明を受け、社内を見学させていただきました。その後、海外の事業の現状や経営戦略など通常の授業では聞けない生きたお話しを聞かせていただき、学生は新鮮でとても刺激のある内容に感じたようです。

まもなく始まるインターンシップということに張り詰めた緊張感はありましたが、しっかりと話を聞き、海外でのインターンシップに臨む決意や目標もはっきりと見えたようでした。

出発まであと3週間。実習とともに成長著しいマレーシアを肌身で感じて、『グローバル人材』への第一歩を踏み出してくれることを期待しています。

 

クローバー電子株式会社
三重県伊勢市小俣町明野306-1
事業内容:PC-POS・レジスター・その他電子応用機器の設計開発及び製造販売、OEM製造
https://clover-electronics.com/

 

海外インターンシップ『中国プログラム』事前指導を実施【7月31日】

海外インターンシップ中国プログラムの事前指導を実施しました。
中国プログラムは、三重県松阪市に本社を置く第三銀行と本学との連携協定に基づくもので、中国の上海・蘇州で実施します。
6月12日の説明会に続き、今回は実際に参加する学生に絞り込んで、第三銀行の担当者様よりご講義いただきました。
講義では、中国に関する基礎的な知識に始まり、経済状況や日系企業の進出などについてグラフ等を用いてイメージしやすくご説明いただき、続いて訪問先企業の紹介と課題の説明が行われました。参加学生は初めて聞く内容もあったようですが、指導担当の張磊教授(文学部コミュニケーション学科)を交えて活発な意見交換を行い、中国にますます興味を持ったようでした。
昨年度まで2月に訪中していた本インターンシップですが、今年度から大幅に前倒しした8月下旬に訪中します。準備のために残された時間もわずかとなってきていますが、いろいろな情報を新聞やインターネットなどのメディアを通して収集し、しっかりと知識を付けて臨むことが求められています。
成長著しい中国を肌身で感じて、『グローバル人材』への一歩を踏み出してくれることと期待しています。


株式会社第三銀行
三重県松阪市京町510(本社)
東海、近畿地区を中心に、地域社会に貢献し、企業や個人のお客様のニーズにお応えするさまざまな金融サービスを提供
経営理念は「地域に役立つ銀行」
https://www.daisanbank.co.jp/

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP