キャンパスダイアリー

名張中学校大学見学【9月12日(木)】

 9月12日(木)、名張市立名張中学校3年生の生徒129名が来学しました。

621教室で施設案内を担当する学生を紹介後、文学部コミュニケーション学科 芳賀 康朗教授による模試講義が行われました。

「心理学ってどんな学問?」と題し、心理学のイメージや心を科学する心理学について、映像や図形を使ってわかりやすく授業が展開されました。

約40分ではありましたが、大学の授業を体験するよい機会になったと思います。

その後、クラス別に大学施設の見学に向かいました。今回は教育学部4年の学生4名が協力し、教育棟・体育館・図書館の案内をしました。

また、生物実験室では、生物学ゼミの学生が研究内容について説明と、研究に使用するたくさんの昆虫を見せました。虫の多さに驚く生徒も

いましたが中には、興味深そうに眺める生徒も多くいました。

学生食堂2階にて持参したお弁当を食べ、施設見学を終えたクラスからバスに戻り、本日の大学見学の日程を終了しました。

名張中学校のみなさんには、見学を通して、大学という存在が少し身近に感じてもらえたのではないかと思います。

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP