キャンパスダイアリー

伊勢高生と生物学ゼミ出前講座の事前研修【9月11日】

生物学ゼミでは、高大連携の一環として伊勢高等学校との交流を深めています。

今回は、1019日(土)に伊勢市立東大淀小学校で行う、生物学ゼミによる出前講座に伊勢高校の生徒の皆さんも指導者として参加するため、910日(火)に事前研修を実施しました。

大学の物理室で行われた事前研修では、高校生は大学生の説明を熱心にメモを取りながら聞いていました。実際の学校現場を想定した講座の練習を行うため、先生役と児童役に分かれて、アワヨトウがトウモロコシの葉っぱを食べる様子の観察、カリヤサムライコマユバチがアワヨトウに産卵する様子や産卵時間の測定、最後にはカリヤサムライコマユバチの幼虫がアワヨトウ幼虫の体内で何を食べて成長しているのかをハチが寄生したアワヨトウ幼虫を解剖し、観察しながら考えました。

練習は大学生と和気藹々とした雰囲気で行われ、疑問点などを大学生に質問したりするなど前向きに取り組む様子が見られました。

出前講座当日は、生物学ゼミのスタッフの一員として積極的に児童と接して欲しいと思います。

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP