キャンパスダイアリー

メイヨーの「歴史ラン」に「伊勢」と日本スタディプログラムの外国人短期留学生も参加【3月6日】

3月6日(火)早朝、本学の教職員3名、「伊勢」と日本スタディプログラムの留学生4名、伊勢市民1名は今日の歴史ランに参加しました。かつて伊勢市で運行していた路面電車の線路跡を辿りながら約6キロのコースで走りました。本学の現代日本社会学部の言葉を借りて「変えるべきもの、変えてもかまわないものと、変わらないもの、変えてはならないものを理解し、変えてはならないものを守りつつ、変えるべきものを大胆に変えるという姿勢」を念頭にして、伊勢市は近現代における変遷を学びました。 

Early in the morning on March 6 (Tuesday), three Kōgakkan staff and faculty members, four participants in the Ise-Japan Study Program, and one Ise resident joined the run.  

The course followed the old path of the streetcar that used to run in and around Ise City. In the words of the university’s Contemporary Japanese Society department, “there are things that we must change, things we can change without worry, things that do not change, and things we must not change. While protecting the things that we must not change, we should also take bolds steps to change things that we must.” Keeping this in mind, we learned about how Ise City has handled change in the modern and contemporary periods.

今週の歴史ランでは奈良市の「転害門」、「聖武天皇陵」、「初宮神社」も見学しました。

 In this week’s historical run, we also went to see sites in Nara City that included Tengaimon Gate, Emperor Shomu's Mausoleum, and Hatsumiya Shrine

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP