ごあいさつ

学長からのごあいさつ

どのような状況にも
立ち向かえる力を身につけよう

皇學館大学は明治15年(1882)に開学し、日本の精神文化を大切にしてきました。すでに百三十有余年を歩んできましたが、創立以来、「稽古照今」という学風を基盤とし、根幹にある神道の精神はゆるぐことなく継承されています。この間、日本は大きく発展し、社会そのものが目まぐるしい変革を繰り返してきました。本学はそのようななかにあって、神社界や教育界などを中心に、多くの人材を輩出してきました。
本学においては、求められている諸々の要請に応えるために、次の5つの柱を軸に教学改革を推し進めています。

  1. 建学の精神を活かした研究開発の推進と学士課程教育の質的転換と保証
  2. 地域振興の拠点となる大学の創造 ―地域貢献人材の育成
  3. 神職・教職を中心とした高等専門職業人と幅広い中核的職業人の育成
  4. 伊勢から世界を目指すグローバル人材の育成-日本文化発信能力の養成
  5. 行政・産業界など多様な主体や国内外の大学等と連携した教育研究の推進

今、大学教育に問われているのは、学修者が学修の成果を実感できる「学修者本意の教育」です。昨年末、国内外は新型コロナウィルス感染症の発生、感染拡大により大変な苦境のもとにありますが、人類の叡智はきっとこれを克服してくれるでしょう。本学は伝統を生かしつつ、ひとりひとりの学生に向き合い、どのような状況下であっても確固たる信念を持ち、さまざまな分野で中核となって明日の日本を担ってゆくことのできる人材の育成をめざしています

学長 清水 潔
  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • ご寄付のご案内
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
  • 高校生ソーシャルビジネス
  • 高等教育コンソーシアムみえ
TOP