キャンパスダイアリー

令和4年度 入学式挙行【4月4日】

令和4年4月4日、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、昨年に引き続き各学科に分かれた形で入学式を挙行し、大学院6名、神道学専攻科19名、学部623名、編入学5名の計653名が入学しました。

感染拡大防止への対応として、手指消毒、マスク着用、各教室では間隔を開けて着席し、換気のため窓を開けるなどの対策を行いつつ、予定通り10時に入学式が開始されました。

一堂を会しての式典を行わないため、学長式辞・理事長告辞・神宮大宮司祝辞は冊子にて入学生全員に配付されましたが、各教室では国歌清聴、令旨奉読、学部長または学科主任からの祝辞ののち、教員紹介を行い、式は滞りなく終了しました。

外宮内宮参拝は今年も残念ながら中止となりましたが、心配されていた雨もすっかり上がり、今まさに満開を迎えている桜のもと用意された写真スポットなどで新しい友人と記念撮影をする新入生の姿がたくさん見受けられました。

神道学科に入学の高橋叶多さんは「昔から神社や神職に興味があった。神道学科で神職の資格を取って、将来は神職として奉仕したい」と意気込みを語ってくれました。

また、教育学科の中野優子さんは「小学校または中学校の先生になりたいので教育学科を選んだ。中学校から続けている生物の研究を大学に入ってからも続けていきたい。」

現代日本社会学科の生田愛奈さんは「CLL活動に興味があり、自分もやってみたいと思った。活動するなかで地域や企業の方など、たくさんの人との出会いが楽しみです。」とそれぞれの思いを語ってくれました。

新入生は5日から修学指導などオリエンテーションが始まり、皇學館大学での4年間をスタートさせます。

 

国史学科(文学部)

教育学科

現代日本社会学科

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP