キャンパスダイアリー

夏休み子どもデイキャンプの開催

8月4日・5日・6日の3日間、本学教育学部・叶教授のゼミ活動の一環として、伊勢市近隣の小学生を対象にした「夏休み子どもデイキャンプ」を開催しました。

小学3年生から6年生の児童を対象に企画され、毎年多くの小学生が参加するこのキャンプですが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、昨年は中止となりました。コロナウイルスの影響で、子どもたちの活動が制限され、様々な体験のチャンスもなくなっていることもあり、子どもたちに普段とは異なる経験を提供し、体験の幅を広げることを目的に、感染対策を行ったうえでの「夏休み子どもデイキャンプ」です。

各日とも18名の子どもたちが参加し、午前中は「新たな伊勢の発見」として、大学周辺の散策活動を行い、午後からは大学の芝生広場にてスポーツ体験。青空の下、芝生広場で水を使った遊びを行い、全身ずぶ濡れになりながらも、学生と一緒に楽しそうな子どもたちの笑顔があふれていました。

その後、夕食のカレーの準備では野菜を切ったり、お水を量ったり、外では火を熾したりとそれぞれの役割を分担し、頑張っている子どもたちの姿がありました。学生の声掛けもあり、すっかり打ち解けた子どもたちの姿があちらこちらで見られ、とても和やかな雰囲気で夕食の準備が進められました。

最終日は天候の心配もありましたが、無事にすべての日程を終えました。子どもたちには夏休みの楽しい思い出になったのではないでしょうか。

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP