キャンパスダイアリー

コロナ終息を願い大祓式を斎行

未だ猛威をふるっている新型コロナウィルス感染症の終息を願い、6月30日(水)、本学本部大会議室にて神職養成部の奉仕により大祓式を執り行いました。

小串理事長はじめ教職員約40名が参列し、祓主に合わせて大祓詞を全員で奉唱し、本部前広場での学内外四方の祓いの後、教職員に配付された「人形(ひとがた)」に罪穢を移し大祓式を終了しました。

三重県においては、5月9日から適用されていたまん延防止等重点措置が6月20日をもって終了、引き続き取られていたリバウンド阻止重点期間も6月30日をもって終了しますが、近隣府県や首都圏においては、未だまん延防止等重点措置が適用されており、警戒が必要な状況です。

本学においては、感染拡大予防対策を十分に取りつつ通常の対面授業を続けておりますが、一日も早いコロナウイルスの終息を願うばかりです。

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP