キャンパスダイアリー

皇學館大学ふるさと講座開催【8月24日(土)】

名張市との連携協定により平成23年度から年2回行っています「皇學館大学ふるさと講座」が、824日(土)、名張市武道交流館いきいきにて開催しました。

この講座は、名張の歴史や文化を学ぶ「なばりカレッジ」を兼ねており、65名の参加がありました。名張市の亀井利克市長の挨拶の後、「山伏とその活動~能・狂言鑑賞の一助として~」をテーマに、本学文学部国史学科の多田實道教授が講座の講師を務めました。

“山伏がどういった人なのか”から始まり、彼らの活動、社会進出について語りました。もてはやされた平安時代から鎌倉時代末期、江戸幕府の宗教統制など、“山伏”の在り方を時代を追って話しました。 

次回の「皇學館大学ふるさと講座」は、令和2年冬の開催を予定しています。

日時、演題等が決まり次第、本学ホームページなどでご案内します。

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP