キャンパスダイアリー

海外インターンシップ中国プログラム事前学習を実施【12月13日】

海外インターンシップ中国プログラムがスタートしました。

中国プログラムは、三重県松阪市に本社を置く第三銀行と本学との連携協定に基づくもので、中国の上海・蘇州で実施します。

今回は、10月25日の学内説明会に続き、事前学習として第三銀行の担当者様よりご講義いただきました。

講義では、中国の基本的な知識に始まり、経済状況についてグラフ等を用いてイメージしやすくご説明いただいた後に、時事の話題に焦点を当てて事例研究を行いました。参加学生は初めて聞く言葉も多く、わからないことも多かったようですが、指導担当の堀内淳一准教授(文学部国史学科)を交えて活発な意見交換を行い、中国にますます興味を持ったようでした。

今年度のインターンシップは、昨年度と比べ、実施時期を1ヶ月ほど早めた2月となり、それまでにいろいろな情報を新聞やインターネットなどのメディアを通して収集し、しっかりと知識を付けて臨むことになります。また、現地に日本企業が出店する際のマーケティング調査を行うという仮想の課題も新たに与えられ、今年度はより実践的なインターンシップとパワーアップしており、早くも成果の発表が楽しみになってきました。

成長著しい中国を肌身で感じて、『グローバル人材』への一歩を踏み出してくれることと期待しています。

 

 

 

第三銀行
三重県松阪市京町510番地
https://www.daisanbank.co.jp/

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP