キャンパスダイアリー

メイヨーの「歴史ラン」に「伊勢」と日本スタディプログラムの外国人短期留学生も参加【3月2日】

平成30年3月2日(金)、「伊勢」と日本スタディプログラムの外国人短期留学生3名、伊勢市民1名、本学コミュニケーション学科のメイヨー・クリストファー准教授がひんやりした早朝の空気のなかで走りながら伊勢市と日本の歴史を学びました。今日の約4キロコースは今週最後の歴史ランで、今週は伊勢神宮の別宮、摂社、末社の伊勢神宮関係のところだけでなく、直接関係のない宗教団体・聖地などにも訪れることによって、日本の宗教史を多数の視点からみることができました。写真に「上田神社」と「日蓮上人誓いの井戸」が写っています。

On March 2 (Friday), three students from the Ise-Japan Study Program, one Ise City resident, and associate professor Christopher Mayo learned about the history of Ise and Japan while enjoying the brisk early morning air. Today's four-kilometer run was the last one this week, which included visits to auxiliary (betsugū), sub- (sessha), and branch (massha) shrines as well as religious groups and sacred sites that are not directly related to Ise Shrine. The photos show Ueda Shrine and the site of a well where the Buddhist priest Nichiren cleansed himself during a 100-day retreat at a temple in Ise in the 13th century. 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP