キャンパスダイアリー

「第18回 高校生英語スピーチコンテスト」開催【10月22日】

皇學館大学文学部コミュニケーション学科では台風の接近する中、1022日、三重県教育委員会・三重県高等学校英語教育研究会・公益財団法人日本英語検定協会・中日新聞社の後援を受け、「18回 高校生英語スピーチコンテスト」を開催しました。

県内13校から32名の参加者が集まり、緊張感の高まる中スピーチが始まりました。

参加者はそれぞれ教科書や副読本などを題材に、あらかじめ提出したテーマ、原稿により約3分間のスピーチを行いました。また、当日の司会進行は英語で行われ、コミュニケーション学科の学生がスタッフとなって進めました。

本学コミュニケーション学科の教員ら3名(うち2名は外国人教員)が審査員となり、単語や文章の発音、スピーチのリズム、表現力などを基準に厳正なる審査が行われました。入賞者は下記のとおりで、それぞれ表彰状と盾、副賞の図書カードなどが贈呈されました。

 

第一位 青井 瞳実さん(セントヨゼフ女子学園高等学校1年)

第二位 松井 龍海さん(津田学園高等学校2年)

第三位 松平 頌子さん(高田高等学校2年)

 

審査員特別賞(7名)

前田 萌絵さん(宇治山田商業高等学校2年)

本間 咲妃さん(桑名西高等学校1年)

小堀 咲楽さん(宇治山田商業高等学校2年)

吉村 華帆さん(宇治山田商業高等学校2年)

萬里小路 蓉子さん(青山高等学校1年)

松岡 杏奈さん(桑名西高等学校1年)

杉田 香乃さん(名張高等学校1年)

 

大会審査委員のコミュニケーション学科のクリストファー・メイヨー准教授は、「大型台風が接近する中、参加者の皆さんは気持ちを込めたスピーチをしてくれました。多岐にわたるテーマに対し、それぞれの意味や表現に合うプレゼンテーションスタイルの工夫が伺えました。このコンテストのために準備してきたことによって、さらに英語力を身につけられたでしょう。引き続き英語学習を励み、将来に国際社会で活躍できるグローバル人材になるのを期待しています。」と感想を述べられました。

入賞者の皆さん

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP