令和元年度 CLL活動MAP

令和元年度 CLL活動MAP

CLL活動とは?

CLL活動はキャンパスを飛び出し、伊勢志摩定住自立圏を中心とする三重県内のフィールドで、地域課題解決を体験的に学ぶ学修プログラムです。
学生が様々な地域課題を理解し、その課題解決活動に取り組む際には教育開発センターの地域課題学修支援室を中心に全学的な教育支援を行います。
また、担当教員をつけ、事前・事後学修を必ず実施することで、体験的学修の「学びの質」を担保し、活動後は「地域貢献活動時間証明書」を学長名で発行し、就職などの際の自己PRに活用できるようにしています。

CLL活動の3つの目的

  1. 地域の課題に学生・大学が取り組み、地域の活性化に向けて共に活動する。
  2. 学生が地域活動することにより、学内だけでは学べないことを体験する。
  3. 大学と地域が協働して、「伊勢志摩定住自立圏」を中心としながら、新たに人や地域がつながるしくみをつくる。
Step1 立ち上げ
(実施主体)

< 事前相談 >

CLL活動の実施をご検討いただく際は、まず地域連携推進室へご相談下さい。必要に応じてメールや電話、面談などで活動内容の聞き取り・確認をいたします。

< 活動申込、審査、認定 >

活動申込書をご提出ください。提出後、活動内容が趣旨に合致するか、地域課題学修支援室運営会議にて審査いたします。
Step2 参画
(学生)

< 活動説明会、募集、参加申込 >

年度当初に大規模な活動説明会を実施するほか、必要に応じて随時、募集活動を行います。参加申込は、地域課題学修支援室で受付けます。

< 事前学修 >

活動を行うにあたっての心構え、より良い学修のために事前学修を教員が行います。(1時間程度)
Step3 活動

< 活動時間の記録 >

活動時間認定のため、記録票へ活動時間数を記入します。

<中間報告 >

Step4 報告

< CLL年度末活動報告会等 >

1年のまとめとして、年度末報告会を学内で実施するほか、学外の地域活動発表会へ参加し、成果報告を行っています。

< 事後学修 >

学修効果を高める為、1年間の活動を振り返ります。
Step5 活用

<「地域貢献活動時間証明書」発行 >

学長名で発行し、就職などの際の自己PRに活用できるようにしています。

地域の皆様へ

皇學館大学CLL活動について、「活動の流れ」や実施にあたっての「Q&A」などをまとめた冊子です。
活動をご検討いただく際、ご一読ください。

CLL活動申込用紙(実施主体用)

活動をお申込みいただく場合は、「活動申込用紙」の提出をお願いします。申込用紙(エクセルまたはPDF)をダウンロードし、「記入例」を参考に必要事項をご記入の上、地域連携推進室までメールまたはFAXでお送りください。

学生の皆様へ

皇學館大学CLL活動について、「活動の流れ」や実施にあたっての「Q&A」、活動に必要な書類などをまとめた冊子です。
それぞれのファイルはこちらからダウンロードしてください。

度 活動一覧

  • 活動名(活動学生数)

    活動名(活動学生数)
  • 活動開始年

    活動開始年
  • 活動場所

    活動場所
  • 担当教員

    担当教員
  • 実施主体

    実施主体
  • WEB

    WEB
TOP