学校教育コース

学びのPOINT

学校教育コース

「どんな先生になりたい?」という問いかけに新入生はそれぞれの経験から様々な答えを返してくれます。その答えから一様に教育に対する熱い思いが伝わってきます。皇學館大学は県下における公立学校教員採用試験(小学校)の高い合格率とトップクラスの採用実績を挙げ、卒業生は県内外の小学校をはじめとして、全国でめざましい活躍をしています。本コースではこうした実績を踏まえて、小学校のみならず幼・中・高を視野に入れた小学校教員の育成をめざしています。学校教育の目標に即応した内容の追求、各教科の指導の方法、児童の個性を育む評価のあり方等、授業理論と実践の融合を図った研究を進めていきます。教師への熱い思いの実現に向かって、日々、笑顔と挨拶の絶えない学校教育コースです。

何を学ぶのか
  • めざす教師像
  • 子どもの発達と理解
  • 各教科の内容と教育方法
  • 生涯学習の意義と社会性
  • 国際化と教育
  • 環境問題と教育
どう学ぶのか
  • 皇學館大学が築きあげた伝統の文化と教養に関する講義を受け、教育学の基礎を理解する
  • 教育者に必要な知識を理論と技術の両面から学ぶ
  • 実技・実習・演習・模擬授業を通して実践的に学ぶ
  • 教師の実践記録などの分析を通して、子どもの真の姿を学ぶ
  • ポスターセッション・プレゼンテーションなどの実践を通して学ぶ
  • 少人数のゼミ形式を生かして、学生同士、教員と協力し合いながら学ぶ
 
将来の進路
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭(国語・英語・社会・保健体育)
  • 高等学校教諭(国語・英語・地歴・保健体育)
  • さまざまな教育機関
  • 大学院に進学して高度な専門性を持つ教育者へ

教育学科の就職・資格についてはこちらでご覧ください。

カリキュラム

カリキュラム

主な科目紹介

国語科教育法

国語科における指導法の追究。

 読解力の養成をめざし、具体的な教材を定めて学生一人ひとりが解釈し、指導案の作成、演習形式による模擬授業の実施、授業記録の分析と考察を行います。子どもは周りの大人の語りかけによって理解力、コミュニケーション力を育てることから、教諭の語り方・発問についても検討を深めていきます。また、教科書教材から、文学的文章、説明的文章各一篇を選び、「読むこと」の学力についても考察します。

児童社会

学生の模擬授業を中心に、演習形式で社会科指導の実践力を養成。

 社会科の基礎・基本として、発問・指示、板書、資料活用などの方法を考え、ついで内容論として、地理・歴史・経済などの分野から代表的な理論・実践を取り上げます。その後、「系統学習か問題解決学習か」、「強育か共育か」、「神話復活論争」などの論争を検討することによって、何が社会科で問題になっているかを明確にし、将来の実践に対する構想を練ります。 

算数科教育法

算数の指導法の基礎と心構えを学ぶ。

 算数の授業をするために経なければならない、一連の過程を演習形式で進めます。教科書分析による教材研究をし、45分間の授業構成を考えて学習指導案に書き上げ、模擬授業を行います。特に、模擬授業はグループワークで作り上げるため、交代で教師役や児童役をするなど、お互いの教材感や授業感について意見を出し合いながら学びます。全員の前での発表や事後検討を通して、さらに深め、教育実習や教師として算数を教えるための、基礎と心構えを習得するスタート地点の授業といえます。

美術科教育研究

美術の基礎的な知識を身につけ、子どもの芸術的な感性を創造性を引き出す指導力を養う。

 平面表現(絵画など)と立体表現(工作、陶芸など)を主に造形活動を学習。凹版画の手法を理解しながら絵画としての表現と、シルクスクリーンでTシャツなどにプリントするデザイン的な表現を学んだり、紙による立体的なカード作りや陶芸などの制作を通して、総合的な造形性や表現する力を養います。指導者として、美術の基礎的な知識を身につけ、さまざまな教材、用具について学び、美術作品の鑑賞や創作した作品の評価などを軸に芸術的な感性と創造性を引き出す指導力を養うことが目的です。