神道学専攻科

目的

 神道学専攻科は、各方面の強い要望によって昭和56年に発足し、神宮皇學館大學の建学の精神を継承して、学部学科の基礎の上に精深な神道を教授し、その研究を指導することを目的とします。専攻科は、日本の歴史・伝統の核心である神道の、高度な専門的教育研究機関ですが、また将来神社界の指導的役割を果たす神職の養成をも目標としています。

修業年限

1年

入学定員

神道学専攻 20名

資格

専攻科を修了し、神職課程に関する所定の単位を修得したものには、神職階位(明階検定合格・正階)が授与されます。

授業科目

神道学専攻科
 専攻科の修了に要する単位は、次の授業科目の内、必修4単位、選択32単位(○印より16単位・△印より8単位以上必修を含め)、合計36単位以上を修得することが必要です。

授業科目 種別 必修 選択 備考
神道概論Ⅰ 講義 2    
神道概論Ⅱ 講義 2    
祭祀学研究Ⅰ 講義   2
祭祀学研究Ⅱ 講義   2
神道古典研究ⅠA 演習   2
神道古典研究ⅠB 演習   2
神道古典研究ⅡA 演習   2
神道古典研究ⅡB 演習   2
神道史研究Ⅰ 講義   2
神道史研究Ⅱ 講義   2
神道神学研究Ⅰ 講義   2
神道神学研究Ⅱ 講義   2
祝詞研究ⅠA 演習   2
祝詞研究ⅠB 演習   2
祝詞研究ⅡA 演習   2
祝詞研究ⅡB 演習   2
神道教化研究Ⅰ 講義   2
神道教化研究Ⅱ 講義   2
宗教学研究Ⅰ 講義   2
宗教学研究Ⅱ 講義   2
宗教史研究Ⅰ 講義   2
宗教史研究Ⅱ 講義   2

(令和3年度参考)神道学専攻科 授業科目解説(抜枠)


教授 松本 丘(まつもと たかし)

専攻◆

神道史・神道思想史

主な著書◆

『尚仁親王と栗山潜鋒』平成16年 神道史学会
『垂加神道の人々と日本書紀』平成20年 弘文堂

主な論文◆

「近世に於ける祭政一致思想の展開」(阪本是丸編『国家神道再考』平成18年10月 弘文堂)

担当科目

神道神学研究Ⅰ・Ⅱ

 神道は、人が、また国家から町村や家にいたる共同体が、敬虔に、伝統的な方法で神々を祭ってきた営みである。そこにおのずから神学が発生する。その伝統的方法を探り、その正しい姿を確かめつつ神道の神学究明に接近する。

教授 板井 正斉(いたい まさなり)

専攻◆

宗教学・宗教社会学

主な著書◆

単著『ささえあいの神道文化』弘文堂、平成23年
共編著『ケアとしての宗教』明石書店、平成25年
共著『しあわせの宗教学』法蔵館、平成30年

主な論文◆

「「推定宗教法人データ」による寺社半径500 m内推定人口のGIS分析」『宗教と社会』25、平成30年、127-134頁。

担当科目

宗教学研究Ⅰ・Ⅱ

 宗教を客観的な視点で科学的に捉えることを目的とし、宗教学の基礎的な考え方や方法論を学ぶ。Ⅰでは、宗教学の基礎的知識を修得するとともに、世界の諸宗教についても理解し、宗教やその儀礼・行事を公正な立場で比較・説明できる能力を養う。Ⅱでは、主体的・対話的な個人ワークやグループワークを通じて、宗教を多面的に分析する能力を高めるとともに、宗教情報リテラシー(宗教情報を批判的に読解する能力)の習得を目指す。

教授 加茂 正典(かも まさのり)

専攻◆

神道史・日本文化史

主な著書◆

『日本古代即位儀礼史の研究』(思文閣出版、平成11年2月)
『神道資料叢刊九 鈴木重胤紀行文集一・二・三』(皇學館大学神道研究所、共編著、平成15年3月/平成18年3月/平成21年3月)
『江戸時代の神宮と朝延』(伊勢神宮崇敬会、平成18年12月)
『小原家文庫資料目録』(皇學館大学佐川記念神道博物館、共編書、平成22年3月)
『訓読注釈 儀式践祚大嘗祭儀』(共著、思文閣出版、平成24年6月)

主な論文◆

「外宮三節祭由貴大御饌私注 ー「粢」考ー」(「皇學館大学神道研究所紀要」16、平成12年3月)
「斎宮歴史博物館所蔵「貞享四年大嘗会悠紀・主基廻立殿之惣図 出 御前催之図」」(「斎宮歴史博物館研究紀要」12、平成15年3月)
「鈴鹿家所蔵『貞享四年〔丁卯〕十一月十六日〔辛卯〕大嘗会悠紀殿御手水具〔并〕神膳等儲居案図』考証」(「皇學館大学神道研究所所報」66、平成16年3月)
「神道研究所所蔵山田以文校訂『貞観儀式』十巻」(「皇學館大学神道研究所所報」83、平成24年12月)

担当科目

祭祀学研究I・II

 神道祭祀は、朝廷の祭祀、神宮の祭祀、神社の祭祀に大きく分類されます。朝廷祭祀、神宮祭祀、また、多くの神社祭祀の法源(歴史的根拠・由緒)は、神祇令条文、延喜式の神祇関係条文、儀式の神祇関係の儀に求められ、それらには古代の完成された祭祀形態が規定されています。
 本講義では、神祇令条文、延喜式の神祇関係条文、儀式の神祇関係儀の解読を基に、朝廷、神宮の年中恒例祭祀と臨時祭祀の実態を復元・解説し、合わせて、祭祀担当官司である神祇官の機能と役割についても論じたい。

神道古典研究ⅡA・B

 『日本書紀』巻1・2の「神代紀」を原文で講読します。

教授 中山 郁(なかやま かおる)

専攻◆

宗教学(山岳宗教・修験道研究、シャーマニズム研究、教派神道研究、戦争慰霊研究)

主な著書◆

中山郁『修験と神道のあいだ―木曽御嶽信仰の近世・近代』弘文堂、平成19年
菅原壽清、時枝務・中山郁『木曽のおんたけさん―その信仰と歴史』岩田書院、平成21年

主な論文◆

「東部ニューギニア地域における遺骨収集と慰霊巡拝の展開」『軍事史学』47巻3号、錦正社、2011年
國學院大學研究開発推進センター・阪本是丸 (編),『近代の神道と社会』弘文堂、2020年
中山 郁:御嶽教の変容と神道家

担当科目

宗教学研究Ⅰ・Ⅱ

この授業では宗教学の基礎的な考え方や現象の捉え方を示すとともに、日本と世界の諸宗教について紹介をしてゆきます。授業を通じて皆さんは宗教について、基礎的な知識を習得するとともに、他者に教えることが可能になります。加えて、宗教やその儀礼、行事を偏見なく観ることができるようになるでしょう。

教授 橋本 雅之 (はしもと まさゆき)

専攻◆

日本語・神話・サブカルチャー

主な著書◆

『日本人の〈原罪〉』平成21年1月 講談社現代新書(共著)
『古風土記の研究』平成19年1月 和泉書院)
『古風土記並びに風土記逸文語句索引』平成11年10月 和泉書院)

主な論文◆

「古風土記における過去と現在」平成13年1月
「古風土記の世界観と編纂思想」平成14年9月
「古風土記における地理と説話」平成15年11月
「『常陸国風土記』の文体-「存」を中心にして-」平成21年7月

担当科目

神道古典研究ⅠA・B

いうまでもなく、『古事記』は神道において最重要の古典である。しかのみならず、『古事記』の精神史的な影響は日本人の歴史意識・美意識・自然観などにも及んでいる。本講義ではこの『古事記』の上巻を精密に講読し、神道思想、および日本思想史の基礎的な知識を修得することを目指す。

助教 髙野 裕基 (たかの ゆうき)

専攻◆

近代神道史・宗教制度史

主な論文◆

「神社と教育勅語ー国民道徳を媒介とした関係についてー」(『近代の神道と社会』弘文堂、令和2年)
「河野省三の学問と思想ー神社を背景とした国体論」(『国家神道と国体論』弘文堂、令和元年)
「第一次宗教法案と明治二十年代の宗教争議ー「都筑馨六文書」を中心にー(『神道宗教』第245号、平成29年)

担当科目

神道概論Ⅰ

本授業は、神道を理解する上で重要となる神道古典から説き起こし、古代から現代に至る神道の歴史について概説する。そして、これら神道古典や神道の歴史的展開を軸に据えながら、制度や思想、学説や他宗教との関係性などについて検討することで、広汎な視点から神道の「祭り」について考えるための基礎知識の習得を目指す。

教授 富永 健(とみなが たけし)

専攻◆

憲法学

主な著書◆

『憲法学の基本問題』平成18年10月 嵯峨野書院

主な論文◆

「現代日本における政教問題」(『日本学論叢』2.平成24年)
「靖国参拝訴訟をめぐる法的問題の一考察」(『皇學館大学神道研究所紀要』23.平成19年)

担当科目

神社関係法規I

 本講義では、神社関係法規のうち、憲法、教育基本法および民法を扱う。宗教に関する法的問題は多岐にわたっているが、特に憲法の信教の自由と政教分離に関する問題が重要である。また、社会生活を営む上で、さまざまなトラブルを解決しあるいは予防するために法律に関する基礎的な知識は不可欠である。近年、宗教団体をめぐって種々の法律上の問題が生じている。こうした点を考慮して、後半では、民法の総則および不法行為に関する基礎的な事項を取り上げることにする。

教授 多田 實道(ただ じつどう)

専攻◆

日本中世史・神宮史・禅宗(曹洞宗)史

主な著書◆

『紀伊半島東部曹洞宗史研究』(山喜房佛書林、平成20年)
『伊勢市史』第二巻中世編(共著、平成23年)

主な論文◆

「伊勢大神宮寺について」(『龍谷史壇』第140号、平成27年1月)
「伊勢蓮台寺の創建と内宮本地説の成立」(『神道史研究』第63巻第1号、平成27年4月)
「伊勢神道と戒律」(『藝林』第63巻第1号、平成26年4月)
「戦国時代の神宮と仏教」(『印度学仏教学研究』第63巻第1号、平成26年12月)
「室町時代の神宮と仏教」(『印度学仏教学研究』第62巻第1号、平成25年12月)

担当科目

日本宗教史

 日本宗教史上において、仏教が果たした役割は大きく、仏教の歴史を理解する上で、専門用語の知識は欠かせない。しかしながら、例えば天台宗という用語は知っていても、その教義は何なのか。また、法然等は念仏を、日蓮は題目を勧めたが、なぜ唱えるだけで救われるのか。こうした疑問は、インド・中国の仏教史を概観すれば、その教義や理論を容易に理解することができる。そこで、まずはインド・中国仏教史について講義を行う。また、我が国の文化に多大な影響を及ぼした禅宗に関しても考察する。上記を通じて、我が国の仏教の歴史を教義・理論や文化の側面から理解することを目的とする。

神職課程 授業科目および担当教員

神職階位(「明階」検定合格・「正階」授与)の取得には下の授業科目より、必修54単位および、選択2単位以上を修得することが必要です。

授業科目 担当者 種別 必修 選択
神道概論Ⅰ 助教 高野裕基 講義 2  
神道概論Ⅱ 教授 松本丘 講義 2  
神道史研究Ⅰ 教授 加茂正典 講義 2  
神道史研究Ⅱ 教授 加茂正典 講義 2  
神道神学研究Ⅰ 教授 松本丘 講義 2  
神道神学研究Ⅱ 教授 松本丘 講義 2  
神道古典研究ⅠA 准教授 板東洋介 演習 2  
神道古典研究ⅠB 准教授 板東洋介 演習 2  
神道古典研究ⅡA 教授 加茂正典 演習 2  
神道古典研究ⅡB 教授 加茂正典 演習 2  
祭祀学研究A 教授 加茂正典 講義 2  
祭祀学研究B 教授 加茂正典 講義 2  
祝詞研究ⅠA 講師  秦昌弘 演習 2  
祝詞研究ⅠB 講師  秦昌弘 演習 2  
祝詞研究ⅡA 講師 高橋正樹 演習 2  
祝詞研究ⅡB 講師 高橋正樹 演習 2  
祭式及び同行事作法Ⅰ 講師 多賀顕 演習 2  
祭式及び同行事作法Ⅱ 講師 多賀顕 演習 2  
神道教化研究Ⅰ 教授 板井正斉 講義 2  
神道教化研究Ⅱ 教授 板井正斉 講義 2  
神社関係法規Ⅰ 教授 富永健 講義 2  
神社関係法規Ⅱ 講師 櫻井良生 講義 2  
神社管理運営論 講師 櫻井良生 講義 2  
情報処理Ⅰ(基礎) 講師 王秀崙 演習 1  
情報処理Ⅱ(応用) 講師 王秀崙 演習 1  
神宮史Ⅰ 講師 岡田登 講義   2
神宮史II 講師 岡田登 講義   2
宗教学研究Ⅰ・Ⅱ 教授 中山郁 講義   2
宗教学研究Ⅰ・Ⅱ 教授 板井正斉 講義   2
宗教史研究 講師 宮坂清 講義   4
日本宗教史 教授 多田實道 講義   2
仏教概説 講師 久間泰賢 講義   2
書道I 教授 上小倉一志 実技 1  
書道II 教授 上小倉一志 実技 1  
有職故実 講師 秦昌弘 講義 2  
雅楽 講師 飛騨大富 演習 1  
神務実習 准教授 岩城隆宏 実習 4  

(令和3年度参考)