教育学専攻

目的

 現代の教育課題を正確に理解し、教育学や心理学等の専門的知識を活用することによって、実践的に即応することのできる、高度専門職業人を育成する。

修士課程

基礎科目

授業科目 形態 単位数
教育学特論 講義 2
教職特論 講義 2
伝統文化社会特論 講義 2
現代コミュニケーション特論 講義 2

専門科目 教育科学分野

授業科目 形態 単位数
教育哲学特論 講義 2
教育史特論 講義 2
教育社会学特論 講義 2
教育方法学特論 講義 2
教育課程特論 講義 2
教育心理学特論 講義 2
発達心理学特論 講義 2

専門科目 個別教育分野

授業科目 形態 単位数
学校心理学特論 講義 2
学校・学級経営学特論 講義 2
教育臨床心理学特論 講義 2
教育評価・心理検査特論 講義 2
特別支援教育特論 講義 2
幼児教育特論 講義 2
教科教育特論 講義 2

専門科目 教育課題分野

授業科目 形態 単位数
生徒指導・進路指導特論 講義 2
学校カウンセリング特論 講義 2
教育相談特論 講義 2
環境教育特論 講義 2
国際理解教育特論 講義 2
身体運動教育特論 講義 2
スポーツ・健康学特論 講義 2

演習・研究科目

授業科目 形態 単位数
専門演習A(教育科学) 演習 2
専門演習B(個別教育・教育課題) 演習 2
課題研究(研究指導) 演習 8

実習科目

授業科目 形態 単位数
心理教育的アセスメント基礎実習 実習 2
学校カウンセリング・コンサルテーション基礎実習 実習 2

教授 大杉成喜(おおすぎ なりき)

所属学会◆

日本特殊教育学会、日本教育工学会、日本教育情報学会、日本育療学会、日本LD学会など

主な著書◆

『特別支援教育におけるコミュニケーション支援―AACから情報教育まで―』(共編著)ジアース教育新社、2005
『シリーズ障害児のためのステップアップ授業術 特別支援教育のための「ちょいテク」支援グッズ36―アシスティブテクノロジー・小ネタ集』(編著) 明治図書、2006
『シリーズ 障害児のためのステップアップ授業術「特別支援教育おすすめ『ちょいテク』支援グッズ31」』(共編著) 明治図書、2007
『くらしに役立つ理科』(共著) 東洋館出版社、2013
『新版特別支援児の心理学 理解と支援』(共著)北大路書房、2015
『〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー)第7集』(共著) 明治図書、2016

主な論文◆

大杉成喜「日韓の特殊教育における教育情報化の比較」(日本教育工学会論文誌、vol. 28、2004)
大杉成喜「障害児を支援するPC-VOCAの開発」(日本教育情報学会誌、Vol.23、No.2、2007)
大杉成喜・木村政秀・三川綱一・黒田吉孝「特別支援教育における携帯Webサイトを活用した就労・移行支援の試行」(滋賀大学教育学部紀要Ⅰ 教育科学、Vol.58、2008)
大杉成喜「私立大学の教員養成課程における特別支援教育推進の役割」(教師教育研究, Vol.22、2009)
大杉成喜「障害のある子どものためのアシスティブ・テクノロジー・コンシダレーション方法の開発」(日本教育情報学会 Vol.25、No.3、2009)
大杉成喜「熊本県の特別支援教育における訪問教育の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、Vol.60、2011)
大杉成喜・岩切昌大・肥後祥治「P県の高等学校教員の特別支援教育に対する意識について-経年調査を通して」(熊本大学教育学部紀要 Vol.61、2012)
大杉成喜「知的障害特別支援学校高等部生徒の移行教育・進学に関する一考察-移行支援Web掲示板の記述を追って-」熊本大学教育実践研究 Vol.31、2013)
大杉成喜・馬渡佳「日韓の特別支援学校教員の意識の比較」(熊本大学教育学部紀要 Vol.62、No.1、2013)
大杉成喜「重度・重複障害教育におけるICT活用の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、vol.63、2014)
大杉成喜・西村和幸「特別支援学校高等部における生徒指導の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、vol.64、2015)
大杉成喜・今田直人「特別な配慮を要する児童の運動部活動参加についての研究-熊本県内小学校運動部活動の社会体育移行を見据えて-」(熊本大学教育学部紀要、vol.65、2016)
大杉成喜・小林秀雄「視線入力を活用した障害の重い児童生徒の教材制作環境の提案」(日本教育工学会論文誌、vol.40、2017)

担当科目◆

特別支援教育特論

 内外の特別支援教育の動向を歴史・社会的背景・理念・制度から分析・考察する。新しい法制度や学習指導要領を基に、インクルーシブ教育を含む広義の特別支援教育の在り方とその支援について最新の情報技術をあわせて考察する。特に、具体的な支援場面に即した解決策を考えようとする能力を身につける。

教授 小木曽一之(おぎそ かずゆき)

所属学会◆

European College of Sport Sciences、日本体力医学会、日本公衆衛生学会、日本陸上競技学会、日本スプリント学会

主な著書◆

『世界一流陸上競技者の技術』(ベースボール・マガジン社 1994.12)
『陸上競技を科学する』(道和書院 1999.3)
『Stretch Reflex Modulation during Exercise and Fatigue』(University of Jyvaskyla 2003.9)
『運動学』(オーム社 2012.8))
『中学・高校 陸上競技の学習指導』(大修館書店 2017.3)
『スプリント学ハンドブック』(西村書店 2018.2)

主な論文◆

Muscle Fiber Function during Rapid Movement based Solely on Kinesthesia.(Proceeding of the 2nd in SPORTS-2014・2014.10)
Effects of effort and EMG levels on short-latency stretch reflex modulation after varying background muscle contractions.(Journal of Electromyography and Kinesiology 15(4)・2005.8)
「反射活動は調節される~短潜時伸張反射に着目して~」(『陸上競技学会誌』第5号、2008.3)
「日常生活圏に設定したルートを用いたウォーキングの実践とその効果」(『体育の科学』第57巻第8号、2008.8)

担当科目◆

身体運動教育特論

 変化する内外の環境に対し、我々が能動的あるいは受動的に適切な対応をしていくシステム(筋、神経系、呼吸循環器系、免疫系など)に関する専門知識を習得するとともに、与えられた運動課題に対する生体反応を実際に観察していく中で、我々の身体を多面的に理解し、人間にとっての身体運動の重要性や価値、その目的、効果的な実践方法などを考える。その上で、様々な目的や能力を持った集団に対し、身体運動教育を適切かつ効果的に実践できる能力を養う。

教授 小孫康平(こまご やすひら)

所属学会◆

日本教育工学会、教育システム情報学会、日本心理学会、日本デジタルゲーム学会

主な著書◆

『瞬目の心理学と教育への応用』(単著)風間書房、2014
『教育方法論』(共著)一藝社、2014
『ビデオゲームに関する心理学的研究』(単著)風間書房、2012
『課題困難度と瞬目活動に関する研究』(単著)風間書房、2002
『ビデオゲームプレイヤーの心理学とゲーム・リテラシー教育』(単著)風間書房、2016
『教育方法学-学習課題で学ぶ-』(単著)皇學館出版部、2018

主な論文◆

小孫康平「未習熟者群および習熟者群のビデオゲーム操作活動と時間経過との関連」(デジタルゲーム学研究、vol.7、No.1、2014)
小孫康平「ビデオゲームプレイヤーの心理状態とコントローラのボタン操作行動の分析」(デジタルゲーム学研究、Vol.5、No.2、2012)
小孫康平「ビデオゲームプレイヤーの操作行動が脈波のカオス解析による心理状態と主観的感情に及ぼす影響」(デジタルゲーム学研究、Vol.4、No.2、2010)
小孫康平「各種娯楽における満足感およびテレビゲームに対するイメージ・感情の要因分析」(Core ethics, Vol.6、2010)
小孫康平「二重課題における注意資源配分が瞬目と精神テンポでのタッピングに及ぼす影響」(教育システム情報学会論文誌 Vol.24、No.1、2007)
小孫康平・田多英興「ワーキングメモリの負荷が瞬目活動に及ぼす影響」(日本教育工学会論文誌、Vol.28、No.1、2004)
小孫康平・田多英興「瞬目を指標とした『ハノイの塔』問題解決時の課題困難度と注意の評価」(日本教育工学会論文誌 Vol.24、No.1、2000)
小孫康平・田多英興「コンピュータディスプレイ上の平仮名文字の読みやすさと瞬目活動との関係」(教育システム情報学会論文誌 Vol.16、No.2、1999)
小孫康平・田多英興「連立方程式の解答に伴う瞬目と心拍の変化」(日本教育工学会論文誌 Vol.23、No.1、1999)
小孫康平「ゲーム・リテラシー教育に関する基礎的研究」(皇學館大学教育学部研究報告集、vol.8、2016)
小孫康平「テキストマイニングを用いたシリアスゲームの教育利用の分析」(皇學館大学教育学部研究報告集、vol.8、2016)
小孫康平「ゲームリテラシー教育の教材に関する教職志望大学生の意識の計量テキスト分析」(デジタルゲーム学研究、Vol.10No.12017

担当科目◆

教育学特論

 現代教育が提起するさまざまな課題を、教育学の視点から分析し、それの解決に至る道筋を、理論的、実践的に学ぶ。また、教育学の理論を理解するとともに、実践上、必要な知識および教育学の基本的概念を身に付ける。特に、具体的な場面に即した解決策を考えようとする能力を身につける。

教育方法学特論

 本講義では、人間の認知・行動の統御や実行に関わる脳内の様々なシステムの活動が、生体信号として現れることを利用して、学習行動を評価するための計測方法とデータ分析方法の理論を理解するとともに、実践上、必要な知識を身に付ける。授業では、演習形式も取り入れる。特に、瞬目、脈波、唾液アミラーゼなどの生体信号を実際に測定し、結果および考察について発表する。また、生理指標を用いた学習行動評価、教授学習システムへの応用等に関する論文を発表する。

現代コミュニケーション特論

 教師の行動は実に多種多用であるが、それらの行動は言語的行動(指示、質問、助言など)と非言語的行動(視線、しぐさ、顔の表情など)の二つのタイプに分けることができる。そこで本講義では教員に必要な協調性や社会性を涵養するための基礎力であるコニュニケーション能力を育成する。

教授 中松豊(なかまつ ゆたか)

所属学会◆

日本応用動物昆虫学会・日本生物教育学会

主な著書◆

Recent Advances in the biochemistry, toxicity, and mode of action of parasitic wasp venoms (Reserch signpost. 2007)

主な論文◆

50分でできる昆虫の血球の食作用の観察 (生物教育. 2014)
A novel type of hemocytes, localizing melanization with high-spreading behavior in Mythimna separata (Archives of Insect Biochemistry and Physiology. 2014)
Intraspecific competition between adult females of the hyperparasitoid Trichomalopsis apanteloctena (Hymenoptera: Chelonidae), for domination of Cotesia kariyai (Hymenoptera: Braconidae) cocoons (Annals of the Entomological Society of America . 2009)
Cotesia kariyai larvae need an anchor to emerge from the host Pseudaletia separata (Archives of Insect Biochemistry and Physiology. 2007)
生得的行動の教材化-アワヨトウヒメコバチの産卵行動- (生物教育. 2006)
Venom of Euplectrus separatae causes hyperlipidemia by lysis of host fat body cells (Journal of Insect Physiology. 2004)

担当科目◆

教科教育特論

 文部科学省の小学校学習指導要領の理科においては、小学生に実感を伴った理解をさせることが重要であり、授業において実験・観察を多く取り入れなければならないと記してある。本講義では理科の授業における実験・観察の意義と授業への導入方法、また、実験・観察をする上での配慮する点や技術的な手法、また新たな簡易実験などの開発方法などを修得することを目的とする。

教授 中村哲夫(なかむら てつお)

所属学会◆

日本体育学会、スポーツ史学会、東北アジア体育・スポーツ史学会

主な著書◆

『体育・スポーツ史にみる戦前と戦後』(共著、道和書院、2013.6)
『幻の東京オリンピックとその時代―戦時期のスポーツ・都市・身体―』(共著、青弓社、2009.9)
『多様な身体への目覚め―身体訓練の歴史に学ぶ―』(共著、アイオーエム、2006.4)
『The Nazi Olympics: Sport, Politics, and Appeasement in the 1930s』(共著) 2003.8 University of Illinois Press
『体育・スポーツ史研究の展望―国際的成果と課題』(共著、不昧堂、 1996.5)

主な論文◆

「CIEにみる近代日本学校体育史像について」(『皇学館大学教育学部研究報告集』第二号、2010.3)
「わが国戦後復興期におけるスポーツ用品卸売業組合の役割とその活動」(共著『スポーツ産業学研究』18巻1号、2008.3)
「ナチ・オリンピックとアメリカのボイコット論争―先行研究のレビュー―」(『現代スポーツ研究』8号 2007.5)

担当科目◆

スポーツ・健康学特論

 スポーツの原理・歴史・政策の観点からスポーツの成り立ちと社会的意義や役割を理解し、現代社会および将来に向けてのスポーツの在り方について議論する。

教授 深草正博(ふかくさ まさひろ)

所属学会◆

全国社会科教育学会、日本社会科教育学会(評議員)、日本グローバル教育学会(常任理事)、比較文明学会、日本西洋史学会、日仏歴史学会など

主な著書◆

『社会科教育の国際化課題』(国書刊行会、1995)
『21世紀地球市民の育成』(共編、黎明書房、2001)
『環境世界史学序説』(国書刊行会、2001)
『「文化と環境」の教育論』(皇學館大学出版部、2009)、など
『グローバル世界史と環境世界史』(青山社、2016)

主な論文◆

「わが国の歴史を世界の歴史を背景にして学ぶカリキュラム構成」(共著、ニチブン、2002)など
「『14世紀の危機』について」『皇學館大学教育学部研究報告集』第4号、2012

担当科目◆

教科教育特論

 小学校社会科では、地理と歴史内容の学習が多く、社会科とは地理や歴史だと思い込んでる学生が圧倒的である。しかし、社会科教育の最終目標は公民的資質の育成であり、それを養う分野は公民分野である。さらにこれまでの社会科の学力観において、暗記が社会科の学力であるという誤解がある。そうではなく、社会科の本質は問題解決にあり、創造性にある。このような2つの誤解からの脱却の道を探りたい。

環境教育特論

 環境破壊はこれまで、宗教の側面より見れば、多神教よりは一神教を奉じる地域において、また、人間の生き方の基準といった角度から見れば、母性原理よりは父性原理の地域において、著しかったといえる。つまりこれまで日本人が憧れてきた欧米の社会が、後者の特質をそなえており、どちらかといえば、軽蔑のまなざしで見てきたアジア・アフリカに住む人々が、逆に、前者で自然との共生を果たしてきた。環境教育に必要なことは後者から前者への価値観の転換である。

国際理解教育特論

 日本人の真の国際理解を妨げているのは、その著しい欧米崇拝にある。そしてそこからもたらされた思考様式に従って、すべてを判断しようとしてしまっているところに最大の問題点がある。わたしはこれを「啓蒙的偏見」と名づけ、そこから脱却することこそ国際理解教育の根本にすえなければならないと考える。本講座では、そのための方法をフランス啓蒙思想の再検討から始めて、進歩史観や人間類型論などさまざまな角度から考察する。

伝統文化社会持論

 グローバル時代に入って、それぞれの国や地域のアイデンティティが問われるようになってきた。言いかえれば、グローバルな時代になればなるほど、その個性が問われれるといってよい。そのため日本の伝統文化をじっくり考えてみる必要がでてきた。そこで、常に世界の中での日本文化を意識しつつ、その個性=特殊性をさまざまな角度から検討する。

教授 吉田直樹(よしだ なおき)

所属学会◆

日本心理学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会、人間環境学会、日本臨床心理士会

主な著書◆

『現代応用社会心理学講座2:快適環境の社会心理学』(共著、ナカニシヤ出版、2001.6)

主な論文◆

「スクールカウンセリングにおける相談室の環境セッティングについて」(『学校カウンセリング研究』10、2008.12)

担当科目◆

発達心理学特論

 人間の生涯発達を人生移行の視点から包括的に理解するために、発達の諸相と危機的移行について解説する。

教授 渡邉賢二(わたなべ けんじ)

所属学会◆

日本教育心理学会、日本心理学会、日本発達心理学会、日本青年心理学会、日本家族心理学会、日本カウンセリング学会、日本学校カウンセリング学会、日本学校心理学会

主な著書◆

「思春期の母親の養育態度と子育て支援-母親の養育スキルとは-」(単著、ナカニシヤ出版、2013)
「理想化した親の像が崩れるとき-変化していく子どもと親の関わり方」(金子書房、2013)
「家族のための心理学-「家庭内暴力と家族心理臨床」」(保育出版、2005)
「青年期発達百科事典-「養育の実践とスタイル」」(丸善出版、2014)

主な論文◆

「中学生の母親の養育スキル尺度の作成-学年別による自尊感情との関連-」(家族心理学研究21号、日本家族心理学会、2007)
「母親の養育スキルと子どもの母子相互信頼感、心理的適応との関連」(家族心理学研究23号、日本家族心理学会、2009)
「母親の養育スキルと子どもの心理的適応に関する縦断的検討」(家族心理学研究24号、日本家族心理学会、2010)
「母子が認知する母親の養育スキルと子どもの心理的適応との関連-中学生とその母親を対象として-」(家族教育研究所紀要33号、日立家庭教育研究所、2011)
「大学新入生の大学適応に及ぼす影響要因の検討-第1志望か否か、合格可能性、仲間志向に注目して-」(青年心理学研究24号、日本青年心理学会、2013)

担当科目◆

教育心理学特論

 教育現場で頻発している不登校やいじめなどの問題に教育心理学の知見がどのように応用できるか。具体的な事例やワーク、議論によって実践力を獲得して、新しい指導方法を開発する視点を養う。

准教授 片山靖富(かたやま やすとみ)

所属学会◆

日本体力医学会、日本肥満学会、日本公衆衛生学会、日本運動生理学会、American College of Sports Medicine (アメリカスポーツ医学会)、日本健康支援学会、日本運動疫学会、日本教育医学会、日本体育学会、東海体育学会

主な著書◆

『中高年者のための運動プログラム(病態別編)―症例による実際(2.糖尿病1)―』(NAP社、2007.7)
『健康づくりのための体力測定評価法―血液流動性の測定と評価―』(金芳堂、2007.11)

主な論文◆

Evaluation of blood rheology in patients with cyanotic congential heart disease using the microchan nel array flow analyzer. (Clinical Hemorheology and Microcirculation 35, 2006)
運動介入期間中の日常生活における身体活動量の変化が活力年齢および体力年齢に及ぼす影響(体力科学57, 2008)
低頻度介入保健指導プログラム『スマートな若返り教室』の有効性(肥満研究15, 2009)
Determinants of blood rheology in healthy adults and children using the microchannel array flow analyzer. (Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 16, 2010)
エクササイズチェックシートを用いた身体活動量の推定精度(Health Sciences 26, 2010)
減量教室の講義回数を自由選択した時の効果−体重減少、脱落者数、1年後の体重維持に着目して(日本公衆衛生雑誌60, 2013)
日本の成人男女が減量支援プログラムに対して抱くニーズーインターネット調査の結果を用いた記述的研究ー肥満研究 22,2016.

担当科目◆

スポーツ・健康学特論

 身体活動、運動、スポーツが人の健康の保持増進に及ぼす影響について理解を深め、生涯にわたって健康的な生活を送り、活力ある社会を形成するためのスポーツの在り方を検討することを目的とする。加えて、健康関連指標の測定の方法と評価法についても理解する。

准教授 中條敦仁(ちゅうじょう あつし)

所属学会

全国大学国語教育学会、日本国語教育学会、解釈学会、日本文学協会、日本笑い学会、日本保育学会、日本乳幼児教育学会、和歌文学会、中世文学会

主な著書

『コミュニケーション論― ゆたかなコミュニケーションをめざして ―』(共著、創文社、2006)
『新編「私的には…」からの脱出』(共著、京都書房、2012)
『中世の文学と思想(龍谷大学仏教文化研究叢書24)』(共著、新典社、2008)
『中世の文学と学問(龍谷大学仏教文化研究叢書15)』(共著、思文閣出版、2005)

主な論文

「和歌文学研究を中学校国語科和歌教材授業に活かすための基礎的研究」(同朋文化12号、同朋大学人文学会、2017)
「強意の助詞に着目した『伊勢物語』「東下り」の学習指導」(解釈60巻、解釈学会、2014)
「素材から教材への転換の必要性―よりよい国語の授業構築のための基礎研究―」(教育学部研究報告集6号、皇學館大学、2014)
「古典授業の現状における問題点とその改善策を考える-日本の伝統文化を世界に発信するために-」(同朋文化5号、同朋大学人文学会、2010)
「一括された十三代集諸伝本について― 兼右本を中心に―」(中世文学46号、中世文学会、2001)
「『続千載和歌集』諸本論」(和歌文学研究80号、和歌文学会、2009)

担当科目

 教科教育特論
「言語」は人と人、物と物、人と物も繋げる最重要の媒介物であり、その言語能力を育てる科目が国語である。よって国語は学習指導要領において全科目の基礎科目と位置づけられているのである。本講義では、この「言語」に注目し、文学的視点、構造学的視点、心理学的視点による教材分析、その結果を踏まえ言語能力育成を効果的におこなうための授業開発をおこない、主体的・対話的で深い学びを実現するための次世代型の国語を創造することを目的とする。