教育学専攻

目的

 現代の教育課題を正確に理解し、教育学や心理学等の専門的知識を活用することによって、実践的に即応することのできる、高度専門職業人を育成する。

修士課程

基礎科目

授業科目 形態 単位数
教育学特論 講義 2
教職特論 講義 2
伝統文化社会特論 講義 2
現代コミュニケーション特論 講義 2

専門科目 教育科学分野

授業科目 形態 単位数
教育哲学特論 講義 2
教育史特論 講義 2
教育社会学特論 講義 2
教育方法学特論 講義 2
教育課程特論 講義 2
教育心理学特論 講義 2
発達心理学特論 講義 2

専門科目 個別教育分野

授業科目 形態 単位数
学校心理学特論 講義 2
学校・学級経営学特論 講義 2
教育臨床心理学特論 講義 2
教育評価・心理検査特論 講義 2
特別支援教育特論 講義 2
幼児教育特論 講義 2
教科教育特論 講義 2

専門科目 教育課題分野

授業科目 形態 単位数
生徒指導・進路指導特論 講義 2
学校カウンセリング特論 講義 2
教育相談特論 講義 2
環境教育特論 講義 2
国際理解教育特論 講義 2
身体運動教育特論 講義 2
スポーツ・健康学特論 講義 2

演習・研究科目

授業科目 形態 単位数
専門演習A(教育科学) 演習 2
専門演習B(個別教育・教育課題) 演習 2
課題研究(研究指導)Ⅰ 演習 2
課題研究(研究指導)Ⅱ 演習 2
課題研究(研究指導)Ⅲ 演習 2
課題研究(研究指導)Ⅳ 演習 2

実習科目

授業科目 形態 単位数
心理教育的アセスメント基礎実習 実習 2
学校カウンセリング・コンサルテーション基礎実習 実習 2

(平成31年度参考)


教授 大杉成喜(おおすぎ なりき)

所属学会◆

日本特殊教育学会、日本教育工学会、日本教育情報学会、日本育療学会、日本LD学会など

主な著書◆

『特別支援教育におけるコミュニケーション支援―AACから情報教育まで―』(共編著)ジアース教育新社、2005
『シリーズ障害児のためのステップアップ授業術 特別支援教育のための「ちょいテク」支援グッズ36―アシスティブテクノロジー・小ネタ集』(編著) 明治図書、2006
『シリーズ 障害児のためのステップアップ授業術「特別支援教育おすすめ『ちょいテク』支援グッズ31」』(共編著) 明治図書、2007
『くらしに役立つ理科』(共著) 東洋館出版社、2013
『新版特別支援児の心理学 理解と支援』(共著)北大路書房、2015
『〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー)第7集』(共著) 明治図書、2016
『障がいの重い児童生徒の教材・教具の開発』教育の探究を実践―皇學館大学教育学部10周年記念論集、2018
『視線でらくらくコミュニケーション』日本肢体不自由児協会、2019

主な論文◆

大杉成喜「日韓の特殊教育における教育情報化の比較」(日本教育工学会論文誌、vol. 28、2004)
大杉成喜「障害児を支援するPC-VOCAの開発」(日本教育情報学会誌、Vol.23、No.2、2007)
大杉成喜・木村政秀・三川綱一・黒田吉孝「特別支援教育における携帯Webサイトを活用した就労・移行支援の試行」(滋賀大学教育学部紀要Ⅰ 教育科学、Vol.58、2008)
大杉成喜「私立大学の教員養成課程における特別支援教育推進の役割」(教師教育研究, Vol.22、2009)
大杉成喜「障害のある子どものためのアシスティブ・テクノロジー・コンシダレーション方法の開発」(日本教育情報学会 Vol.25、No.3、2009)
大杉成喜「熊本県の特別支援教育における訪問教育の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、Vol.60、2011)
大杉成喜・岩切昌大・肥後祥治「P県の高等学校教員の特別支援教育に対する意識について-経年調査を通して」(熊本大学教育学部紀要 Vol.61、2012)
大杉成喜「知的障害特別支援学校高等部生徒の移行教育・進学に関する一考察-移行支援Web掲示板の記述を追って-」熊本大学教育実践研究 Vol.31、2013)
大杉成喜・馬渡佳「日韓の特別支援学校教員の意識の比較」(熊本大学教育学部紀要 Vol.62、No.1、2013)
大杉成喜「重度・重複障害教育におけるICT活用の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、vol.63、2014)
大杉成喜・西村和幸「特別支援学校高等部における生徒指導の現状と課題」(熊本大学教育学部紀要、vol.64、2015)
大杉成喜・今田直人「特別な配慮を要する児童の運動部活動参加についての研究-熊本県内小学校運動部活動の社会体育移行を見据えて-」(熊本大学教育学部紀要、vol.65、2016)
大杉成喜・小林秀雄「視線入力を活用した障害の重い児童生徒の教材制作環境の提案」(日本教育工学会論文誌、vol.40、2017)
大杉成喜「大学生の特別支援教育に関する知識・理解の現状と課題(1)-教育学部「特別支援教育の基礎」におけるアンケート調査を通して- 」(皇學館大学教育学部学術研究論集2号、2020)

担当科目◆

特別支援教育特論

 内外の特別支援教育の動向を歴史・社会的背景・理念・制度から分析・考察する。新しい法制度や学習指導要領を基に、インクルーシブ教育を含む広義の特別支援教育の在り方とその支援について最新の情報技術をあわせて考察する。特に、具体的な支援場面に即した解決策を考えようとする能力を身につける。

教授 中松豊(なかまつ ゆたか)

所属学会◆

日本応用動物昆虫学会・日本生物教育学会

主な著書◆

Recent Advances in the biochemistry, toxicity, and mode of action of parasitic wasp venoms (Reserch signpost. 2007)
寄生バチと狩りバチの不思議な世界 (一色出版 2020)
伊勢神宮の森に棲息する生き物どうしの関係-寄生蜂の生活について(皇學館大学出版部 2020)

主な論文◆

50分でできる昆虫の血球の食作用の観察 (生物教育. 2014)
A novel type of hemocytes, localizing melanization with high-spreading behavior in Mythimna separata (Archives of Insect Biochemistry and Physiology. 2014)
Intraspecific competition between adult females of the hyperparasitoid Trichomalopsis apanteloctena (Hymenoptera: Chelonidae), for domination of Cotesia kariyai (Hymenoptera: Braconidae) cocoons (Annals of the Entomological Society of America . 2009)
Cotesia kariyai larvae need an anchor to emerge from the host Pseudaletia separata (Archives of Insect Biochemistry and Physiology. 2007)
生得的行動の教材化-アワヨトウヒメコバチの産卵行動- (生物教育. 2006)
Venom of Euplectrus separatae causes hyperlipidemia by lysis of host fat body cells (Journal of Insect Physiology. 2004)
蛍光インクを異物として用いた昆虫の血球による食作用の観察 (生物教育、2021)
Cky811 protein expressed by polydnavirus and venom gland of Cotesia kariyai regulates the host Mythimna separata larvae immune response function of C-type lectin responsible for foreign substance recognition which suppresses its melanization and encapsulation (Archives of Insect Biochemistry And Physiology. 2021)
高等学校生物基礎におけるアワヨトウ幼虫の血球を使った簡易かつ明瞭な食作用の観察・実験 (昆虫と自然.2021)
幼児に対する昆虫を用いた教材・教具の開発と大学生による出前授業を通して検証したその有効性について (皇學館大学教育学部研究報告集, 2021)
昆虫の血球による食作用の観察-色を発する異物の検討 - (皇學館大学教育学部研究報告集, 2021)
幼稚園教諭・保育者養成系大学における虫嫌いを克服させる授業の試みメルヘンと科学の絵本および実物の観察がもたらす「蜘蛛嫌い」への効果(皇學館大学教育学部研究報告集, 2018)
大学生による昆虫を使った環境教育 - 2013年伊勢市環境フェアを通して -(皇學館大学教育学部研究報告集, 2018)
Potential Host Range of the Larval Endoparasitoid Cotesia vestalis (=plutellae) (Hymenoptera: Braconidae) (International Journal of Insect Science. 2017))
Meteorus pulchricornis (Wesmael) (Hymenoptera, Braconidae) teratocytes release Mp19 protein in MpVLP, suppressing the function of hyper-spreading hemocytes in Mythimna separata (Current Topics in Biochemical Research. 2017)
第 98 回全国大会(愛媛大会)での生物教育サポーターによるワークショップの実践報告(生物教育.2015)

担当科目◆

教科教育特論

 文部科学省の小学校学習指導要領の理科においては、小学生に実感を伴った理解をさせることが重要であり、授業において実験・観察を多く取り入れなければならないと記してある。本講義では理科の授業における実験・観察の意義と授業への導入方法、また、実験・観察をする上での配慮する点や技術的な手法、また新たな簡易実験などの開発方法などを修得することを目的とする。

教授 渡邉賢二(わたなべ けんじ)

所属学会◆

日本教育心理学会、日本心理学会、日本発達心理学会、日本青年心理学会、日本家族心理学会、日本カウンセリング学会、日本学校カウンセリング学会、日本学校心理学会

主な著書◆

「思春期の母親の養育態度と子育て支援-母親の養育スキルとは-」(単著、ナカニシヤ出版、2013)
「理想化した親の像が崩れるとき-変化していく子どもと親の関わり方」(金子書房、2013)
「家族のための心理学-「家庭内暴力と家族心理臨床」」(保育出版、2005)
「青年期発達百科事典-「養育の実践とスタイル」」(丸善出版、2014)
「新しい心理学へのアプローチ」(保育出版社、2014)
「生徒指導士入門テキスト2 ポジティブに子どもを育てる」(学事出版、2016)
「いじめ、学級崩壊を激減させる ポジティブ生徒指導 FBS ガイドブック」(明石書店、2016)
「君の悩みに答えよう」(福村出版、2017)

主な論文◆

「中学生の母親の養育スキル尺度の作成-学年別による自尊感情との関連-」(家族心理学研究21号、日本家族心理学会、2007)
「母親の養育スキルと子どもの母子相互信頼感、心理的適応との関連」(家族心理学研究23号、日本家族心理学会、2009)
「母親の養育スキルと子どもの心理的適応に関する縦断的検討」(家族心理学研究24号、日本家族心理学会、2010)
「母子が認知する母親の養育スキルと子どもの心理的適応との関連-中学生とその母親を対象として-」(家族教育研究所紀要33号、日立家庭教育研究所、2011)
「大学新入生の大学適応に及ぼす影響要因の検討-第1志望か否か、合格可能性、仲間志向に注目して-」(青年心理学研究24号、日本青年心理学会、2013)
「大学新入生の精神的健康が学習への取り組みと友人関係に及ぼす影響」(精神医学 vol.57 No.2、2015)
「大学生における親子関係の役割逆転に関する研究-擬似成熟との関連から-」(家族心理学研究 第29巻 第1号、2016)
「青年期の子どもをもつ母親の養育スキルの変化に関する縦断的検討-子どもの心理的適応との関連から-」(皇學館大学紀要 第54巻、2016)
「大学生における親子関係の役割逆転と特性罪悪感の関連-母親との関係に着目して-」(東海心理学研究 第10巻、2016)
「中学校における学校規模の社会的スキルトレーニングの実践-社会的スキルと自己効力感の変化-」(皇學館大学紀要 第55巻、2017)
「大学新入生の友人関係の変化と適応感との関連-短期縦断調査より-」(皇學館大学紀要 第55巻、2017)
「中学生の母子関係における親権威の概念の不一致と母子間葛藤、子どもの心理的適応との関連」(発達心理学研究28巻第1号、2017)
「保育者のストレスと専門性との関連-幼稚園教諭と保育士の比較より-」(皇學館大学紀要 第56巻、2018)
「大学生におけるひきこもり傾向と自己制御の関連」(カウンセリング研究 第52巻、2019)
「保育者の信頼感尺度の作成-幼稚園教諭と保育士別の専門性との関連-」(皇學館大学紀要 第57巻、2019)
「思春期の子どもをもつ母親の養育ストレスと心理的ストレス反応、養育態度との関連」(皇學館大学教育学術研究論集 第1号、2019)
「小学校における読み書き障害の検査とアセスメント」(臨床発達心理実践研究 第14巻 第1号、2019)
「青年期の親子関係をどのように捉えるか?-水本論文へのコメント-」(青年心理学研究 第31巻 第2号、2020)
「児童期後期から青年期前期の子どもと母親が認知する養育スキルと母子相互信頼感、子どもの心理的適応との関連:母子ペアデータによる検討」(発達心理学研究 第31巻 第1号、2020)
「教師・保護者・友人からの賞賛と自尊感情、学校適応感との関連」(皇學館大学紀要 vol.58、2020)

担当科目◆

教育心理学特論

 教育現場で頻発している不登校やいじめなどの問題に教育心理学の知見がどのように応用できるか。具体的な事例やワーク、議論によって実践力を獲得して、新しい指導方法を開発する視点を養う。

教授 中條敦仁(ちゅうじょう あつし)

所属学会◆

全国大学国語教育学会、日本国語教育学会、解釈学会、日本文学協会、日本笑い学会、日本保育学会、日本乳幼児教育学会、和歌文学会、中世文学会

主な著書◆

『国語科教材研究の起点― 素材と向き合うことの意義と視点 ―』(単著、ナカニシヤ出版、2020)
『新編「私的には…」からの脱出』(共著、京都書房、2012)
『コミュニケーション論― ゆたかなコミュニケーションをめざして ―』(共著、創文社、2006)

主な論文◆

「草稿と定稿の本文異同を生かした深い学びを得るための発問一ごんぎつねの場合一」(皇學館大学教育学部学術研究論集1号、皇學館大学、2019)
「興味付けのための読み聞かせ絵本の分析一認知行動療法理論の応用一」(日本乳幼児教育学会第28回大会研究発表論文集、日本乳幼児教育学会、2018)
「「ト書き」に注目した小学校国語科物語の授業一朗読のための文章読解と発問について一」(同朋文化13号、同朋大学人文学会、2018)
「社会人に求められる力の観点から国語科教育に求められることを考える一平成29年告示学習指導要領を基礎として一」(皇學館大学教育学部研究報告集10号、皇學館大学、2018)
「強意の助詞に着目した『伊勢物語』「東下り」の学習指導」(解釈60巻、解釈学会、2014)

担当科目◆

伝統文化社会特論

 グローバルな活躍が求められる時代において、世界の文化に触れることは大切であるが、その一方で、日本の伝統的な文化を世界に発信することもまた大切な社会的活動であり、教育において日本の伝統文化を学ぶことは重要なことである。本講義は、生活の中にある習慣・風習、文学作品やアニメ等を例に伝統文化の根底にある思想を学び、身近にある伝統文化に関する地域資源を教育に活用する方法を模索することを目的とする。

教科教育特論

「言語」は人と人、人と物も繋げる最重要の媒介物であり、その言語能力を育てる科目が国語であり、学習指導要領において国語は、 全科目の基礎科目と位置づけられている。本講義は、「言語」に注目し、文学的視点、構造学的視点、心理学的視点による教材分析、その結果を踏まえ言語能力育成を効果的におこなうための授業開発をおこない、 主体的・対話的で深い学びを実現するための次世代型の国語を創造することを目的とする。

教授 勢力稔(せいりき みのる)

所属学会◆

日本化学会、日本理化学協会

主な著書◆

『内外教育、私の学校経営 「調査研究事業を生かした教員の資質向上」」(内外教育時事通信社、2017)
『教務主任ミドルマネジメント研修 BOOK-企画委員会・運営委員会に関する取り組みー」(共著、教育 開発研究所、2014

主な論文◆

「知識の活用能力の向上を目指すアクティブ・ラーニングの実践と評価に関する考察」(公益社団法人日 本教育会、教育実践顕彰論文、2017)
「知識の活用能力の向上を目指す英語実践活動-アクティブ・ラーニングの視点からの授業設計診断」 (公財、教育公務員弘済会学校教育研究助成事業、2017)
「調査研究事業を活用した人材育成」(公財、日本教育公務員弘済会個人研究助成事業、2017
「科学的な思考を育む理科教育に関する考察」(公財、日本教育公務員弘済会個人研究助成事業、2016)
「知識の活用能力の向上を目指す英語実験活動-アクティブ・ラーニングの視点からの授業設計診断-」 (公財、教育公務員弘済会学校教育研究助成事業、2016)
「ビジネスシーンで求められる幅広い資質・能力を多面的に評価する手法の研究一商業高校における生徒のパフォーマンスを引き出す評価基準の開発とその利用-」(文部科学省、高等学校における多様な学習成果の評価手法に関する調査研究事業、2016)
「科学的な思考を育む理科教育に関する考察」(公財、日本教育公務員弘済会個人研究助成事業、2015)
「高等学校におけるコミュニティ・スクールの実践研究~紀南高等学校学校運営協議会の実態から見た新たな関係性〜」(公益社団法人日本教育会、育実践顕彰論文、2013)
「ITを活用した教職員研修システムについて一特に WBTシステム:「ネットDE研修」導入の成果を 中心に」(三重中京大学地域社会研究所報第22号、2010)

担当科目◆

教育方法学特論

 本科目では、教育方法学の実践的な到達点を探究する。特にインストラクショナルデザインにより授業設計が可能な授業力を培う。具体的には、教室での教師による指導場面を取り上げ、学習目標を明確に定めて効果的・効率的・魅力的な学習環境をデザインするとともに、授業改善できる能力を培う。

教育学特論

 現代の学校教育で問題となっている様々な課題を、教育学の視点を踏まえて分析し、課題解決に至る道筋を、実践的に考察する。ここでは、教育学の理論を具体的事象に当てはめることで、実践するうえで必要な知識および教育学の基本的概念を身に獲得し、具体的な場面に即した解決策を考えられる能力を培う。

准教授 片山靖富(かたやま やすとみ)

所属学会◆

日本体力医学会、日本肥満学会、日本公衆衛生学会、日本運動生理学会、American College of Sports Medicine (アメリカスポーツ医学会)、日本健康支援学会、日本運動疫学会、日本教育医学会、日本体育学会、東海体育学会、日本介護予防・健康づくり学会、日本臨床運動療法学会

主な著書◆

『中高年者のための運動プログラム(病態別編)―症例による実際(2.糖尿病1)―』(NAP社、2007.7)
『健康づくりのための体力測定評価法―血液流動性の測定と評価―』(金芳堂、2007.11)
『健幸華齢のためのスマートライフ―健幸華齢実現のためのスマートダイエット:スマートダイエット教室における運動プログラム―』(サンライフ企画、2019)

主な論文◆

Evaluation of blood rheology in patients with cyanotic congential heart disease using the microchannel array flow analyzer. (Clinical Hemorheology and Microcirculation 35, 2006)
運動介入期間中の日常生活における身体活動量の変化が活力年齢および体力年齢に及ぼす影響(体力科学57, 2008)
低頻度介入保健指導プログラム『スマートな若返り教室』の有効性(肥満研究15, 2009)
Determinants of blood rheology in healthy adults and children using the microchannel array flow analyzer. (Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 16, 2010)
減量教室の講義回数を自由選択した時の効果−体重減少、脱落者数、1年後の体重維持に着目して(日本公衆衛生雑誌60, 2013)
日本の成人男女が減量支援プログラムに対して抱くニーズーインターネット調査の結果を用いた記述的研究(肥満研究 22, 2016.)
運動習慣を定着することができた運動教室の事例報告―目標設定に着目して―(介護予防・健康づくり研究7, 2020)
運動教室で実践した運動強度が運動習慣の定着に及ぼす影響(教育医学66, 2021)
市民マラソン大会は運動を始める・運動量を増やすきっかけ、運動習慣の維持に関与しているのか?(健康支援24, 2022)

担当科目◆

スポーツ・健康学特論

 身体活動、運動、スポーツが人の健康の保持増進に及ぼす影響について理解を深め、生涯にわたって健康的な生活を送り、活力ある社会を形成するためのスポーツの在り方を検討することを目的とする。加えて、健康関連指標の測定の方法と評価法についても理解する。