地域社会分野

分野概要

思考力・行動力を身につける

地域社会を元気にするアイデアを競うビジネスプランを作成。市場調査の仕方や企画・プレゼンテーションの方法まで、ビジネスに必要なスキルを実践的に学びます。

即応力・実践力を磨く

東海各県の大手企業や新聞社、ケーブルテレビ局などでテレビ番組制作の実習授業を実施。またNPOや県庁・各市町村など、官公庁でのインターンシップも実施します。

地域社会のリーダーを育成する

人文・社会・社会福祉・政治経済系の基本的学問を修得し、社会が抱える課題の解決を考える思考力を培います。またフィールドワークによって日本の課題を学び、日本の地域社会のリーダーにふさわしい人材を育成します。

 
分野概要
分野概要

分野紹介

育てる人材

「社会調査士」の資格を取得し、地域問題の発見、調査・分析ができる人材。
卒業後は一般企業だけでなく、地方・国家公務員、JICAなどの団体職員、NPO職員などとしての活躍が期待される。

学科概要
何を学ぶのか
現代日本の課題
  • 家族・教育・医療・地域格差・地方財政・規制緩和・地方分権・情報セキュリティなど
学びの分野
  • 行為・相互行為、集団・組織、社会変容・統制、社会構造や過程の理解・分析、社会情報技術(収集・分析・発信)
どう学ぶのか
  • 地域の問題の本質を見つけ、解決する
  • ビジネスで役立つスキルと思考力・行動力を身につける
  • 即応力・実践力を磨く
 
将来の進路
  • 一般企業
  • 起業家
  • 地方公務員
  • NPO団体
  • マスコミ・出版・メディア関係
  • 大学院・海外留学などへの進学

現代日本社会学部の就職・資格についてはこちらでご覧ください。

分野Topics

フィールドワーク(研究旅行)

毎年、各ゼミはそれぞれの研究内容に合わせてユニークな研究旅行を行います。

●筒井琢磨ゼミ

 三重県内市町との比較で観光まちづくり政策について学ぶため、函館市役所と札幌市役所を訪問し、担当職員の方々からレクチャーを受け、意見交換を行った。また、札幌にキャンパスを持つ大学を訪問し、オリジナル商品開発・販売や情報誌刊行などを通じてまちづくり活動を続けている学生さんたちとの交流を果たした。


全国まちづくりカレッジ

 「全国まちづくりカレッジ」(通称まちカレ)は、地域(商店街や商工会議所、地元市町村やNPOなど)と協働してまちづくりを行う学生の全国組織。日本各地の学生や大学関係者、市民が交流し、日頃の活動発表や交流を図ります。本学科はこのまちづくりカレッジに参加し、志を同じくする全国の仲間と交流を深めています。平成24年には本学が幹事となって全国大会を開催し、三重県知事をお迎えして活発な意見交換が行われました。

伊勢の和紅茶

 もともと三重県は全国第三位の茶葉生産量があるにもかかわらず、知名度は高くありません。それを知った学生が、伊勢茶の魅力をアピールするために伊勢市の茶園と共同で開発したのが「宇治山田の和紅茶」。烏龍茶に似たまろやかな味わいで、ご飯にも洋菓子にも合うと評判です。本学科では今後も学生が中心となり、地元商店街や伊勢市観光協会との共同プロジェクトを行い、和紅茶の新商品の開発・プロモーションを進めていきます。