コミュニケーション学科

カリキュラム

只今、準備中です

最近の主な卒業研究テーマ

英語コミュニケーションコース
  • 早期英語教育の必要性
  • 小学校と中学校の英語教育におけるアプローチ 〜理論から実践へ〜
  • 海外の大学における日本語教育 〜ケント大学の事例を中心に〜
  • 英語学習における音読の必要性
  • 小学校外国語活動の導入と指導法についての考察
  • 日本の道徳教育とアメリカのCharacter Educationの比較
  • 英語学習における絵本の読み聞かせ
心理コース
  • 大学生の防衛的悲観主義についての研究
  • 自伝想起課題を用いた気分不一致効果とパーソナリティとの関連
  • 謝罪会見における非言語情報の与える効果について
  • 孤独感と自尊感情が友人間における援助要請意図に及ぼす影響
  • 「諦めること」と人生満足感および主観的幸福感との関連
  • 親子関係が大学生の自尊感情に及ぼす影響
地域情報コース 
  • 人口過疎化に伴う都市部の活性化における研究
  • 日本における観光と温泉 〜榊原温泉を事例に〜
  • プロ野球独立リーグ 四国アイランドリーグplusの観客数の増減とその要因
  • 東海社会人サッカーリーグ1部所属クラブチームによるJリーグ昇格に向けた取り組みに関する研究
  • 旅行口コミサイトのデータを利用したソウルの観光スポット評価の言語別分析

教員一覧

氏名 専門分野
教 授 豊住 誠 英語教育学
 児玉 玲子 英語カリキュラム開発・英語学
 張 磊 人工知能・異文化コミュニケーション
 外山 秀一 地理学・環境考古学
 芳賀 康朗 行動心理学
 山田 やす子 ドイツ語学・文学・女性学
准教授  川島 一晃 臨床心理学・ポジティブ心理学
 川村 一代 英語教育学
 クリストファー・メイヨー 歴史学
助 教  桐村 喬 地理情報科学・データサイエンス
  ◎:学科主任  

ゼミナール(演習)

英語教育ゼミ

豊住 誠 教授
豊住 誠 教授

基本テーマ

英語の教え方や教材のあり方について研究します。

小学校・中学校・高等学校における英語教育のあり方について研究します。英語を習得するとはどういうことなのか、どのように教えたら効果的なのかといったテーマについて、海外の英語文献をもとに考察し、文献の講読と担当者による発表、それについての議論という形で進めます。学校教員をめざす人だけでなく、英語に興味のある人、英語の力をつけたいと思う人、それらを生かした職に就きたいと考えている人を対象とします。英語がしっかり読めるようになると、目の前の世界がさらに大きく拡がります。

ことばと文化研究ゼミ

児玉 玲子 教授
児玉 玲子 教授

基本テーマ

ことばと文化のつながりについて考えます。

ことばは、人類の誕生・進化・文明・文化と深いつながりがあります。人間はどうして言葉を使うようになったのか、印刷術や情報伝達の進化が言葉に及ぼす影響はあるのか、単語に含まれている歴史は?日英の文化の違いが言葉に及ぼす影響は?これらのテーマを取り上げて,専門的な知識とグローバルな教養をつけることをめざします。また、英文で書かれたものを読みながら英語の読解力もつけていきます。

情報・メディア・異文化研究ゼミ

張 磊 教授
張 磊 教授

基本テーマ

高度な情報処理技能を身につけ、異文化理解を探求します。

ゼミでは現代社会で活躍するために不可欠な知識と技能を習得します。また、日本と近隣諸外国の生活様式や文化を比較することによって、グローバリゼイションにともなう諸問題について考察します。最新の情報機器を駆使して情報の収集、加工、蓄積、発信を行うための技能を身につけ、ITパスポートやマイクロソフト・オフィス・スペシャリストなどの資格取得にも対応します。さらに留学生との議論を通じて自国と相手国に対する理解を深めることもゼミ活動の目的となります。

人間と地域文化研究ゼミ

外山 秀一 教授
外山 秀一 教授

基本テーマ

自然環境や地域社会と人間とのかかわりについて研究します。

「地域」をベースにして、自然と人間とのかかわり、環境、教育、生活に関する問題、民族、民俗、文化に関する問題をテーマとして研究をすすめます。3年次のフィールドワークに先だって、訪れる国や地域について調査・発表を行い、その結果を冊子にまとめます。4年次には各自の研究を深め、豊かな発想力と創造力を活かしたオリジナリティの高い卒業論文に仕上げます。また、小学校、中学社会、高校地歴の教員免許の取得もサポートします。

行動心理学ゼミ

芳賀 康朗 教授
芳賀 康朗 教授

基本テーマ

日常生活におけるコミュニケーション行動について研究します。

コミュニケーション場面では、言語情報はもちろん、ジェスチャー、表情、視線などの非言語情報が大きな役割を果たします。また、情動伝染、共感、同情といった無自覚的な心的作用はコミュニケーションや他者理解を促進します。このゼミでは、心理学や人間行動学の観点から人間のコミュニケーション行動の特徴について研究します。さらに、心理学の基本的な測定方法である実験や調査を計画・実施する力、データを分析してわかりやすくプレゼンテーションする力も身につけます。

異文化研究ゼミ

山田 やす子 教授
山田 やす子 教授

基本テーマ

異文化間でのコミュニケーションを中心テーマに、発表・議論を通して各自の研究を深めていきます。

ゼミでは文化の違いと異文化間でのコミュニケーションを中心テーマにしています。異なる文化のジェンダー、女性の人権、宗教などについて映像や文献を参考にして、発表とディスカッションを通じて学びます。また、他の文化圏からのゲストを招いて交流することで、異文化を体験的に学習します。異文化についてこれらのさまざまな学びの中で、ゼミ生たちは最も深く興味・関心を持つテーマを選び、発表・議論を通して各自の研究を深めていきます。指導にあたっては、一律にせず、ゼミ生それぞれの個性と能力に合わせた助言を心がけています。

ポジティブ臨床心理学ゼミ

川島 一晃 助教
川島 一晃 准教授

基本テーマ

人間の「悩み」や「幸福」について心理学的観点から考えます。

ポジティブ心理学は人間のもつ肯定的な心性を、臨床心理学は人間の悩みやネガティブな心理的特徴をそれぞれ研究の対象とします。このゼミでは、ポジティブ心理学と臨床心理学の視点から、人間の心理的健康や幸福につながる要因を検討します。3年次は、心理学の文献講読からスタートして各自の研究テーマを決定し、質問紙調査法や面接法の基礎技能を習得します。4年次は卒業研究に向けてデータを取得・分析し、自分の研究仮説を検証する楽しさを味わいます。また他大学の心理系大学院への進学も積極的に応援します。

英語力向上ゼミ

川村 一代 助教
川村 一代 准教授

基本テーマ

英語コミュニケーションに必要な5つの力を鍛えます。

英語を聞く力、やり取りする力、発表する力、読む力、書く力の4技能5領域の向上を目的とします。3年次のゼミでは、英文を読んでその内容を要約し発表する「1分間サマリー&スピーチ」を行いながら英語の実践力を育成します。さらに地元の子どもを対象とした英語絵本の読み聞かせを行うことで、英語の発音はもちろん、わかりやすく表情豊かに相手に情報を伝達するプレゼン力も身につけます。

Japan: Past and Present(日本:過去と現代)ゼミ

クリストファー・メイヨー 准教授
クリストファー・メイヨー 准教授

基本テーマ

日本の歴史と文化について英語をつかって学びます。

英語でのディスカッションとプレゼンテーションを通じて、日本の過去と現代の接点を探求します。3年次には日本の文化を外国人にわかりやすく説明・紹介するために必要なことについて考えていきます。4年次では、海外で人気の高い日本のポップカルチャーの魅力について研究するとともに、大学テレビ局が作成したドキュメンタリー・ビデオに英語字幕や英語ナレーションをつけてインターネットで発表し、世界に日本の歴史と文化を発信します。さらにTOEICや英検などの試験にも対応します。

データサイエンス・地理情報科学ゼミ

桐村 喬 助教
桐村 喬 助教

基本テーマ

地域に関する様々なデータ分析の技術を身に付け、地域課題の解決方法について考えます。

このゼミでは、地域に関する情報や統計データを収集、処理、分析、表現するための技術であるGIS(地理情報システム)を学び、地域の現状を適切に捉え、課題発見と解決の方法を考えていきます。各自の卒業研究のテーマとして興味や関心に応じて地域に関する分析対象を取り上げ、現地調査でデータを収集したり、既存の統計データの分析を行ったりして、ゼミで議論しながら研究を進めます。また、データサイエンス関連の資格取得をサポートするとともに、特に社会科教員を目指す学生に対して、平成34年度から高校で導入されるGIS教育に関する最新の知識や教材作成などの技術の習得を支援します。