コミュニケーション学科

カリキュラム

カリキュラム

最近の主な卒業研究テーマ

人間関係コース
  • 大学生の防衛的悲観主義についての研究
  • 自伝想起課題を用いた気分不一致効果とパーソナリティとの関連
  • 謝罪会見における非言語情報の与える効果について
  • 孤独感と自尊感情が友人間における援助要請意図に及ぼす影響
  • 三重の方言の特質とその背景
  • 世界の飢餓問題とその背景
  • 人口過疎化に伴う都市部の活性化における研究~地域発展のためのWebサイトの構築を通して~
  • ソフトパワーとしてのマンガ・アニメ
  • 日本の中華街-横浜中華街を中心に-
  • 日本国内に蔓延する「差別」
英語コミュニケーションコース
  • アルファベットの起源と変化-ひらがなとアルファベットの類似と相違-
  • 早期英語教育の必要性
  • 同時バイリンガルの言語取得
  • 外国人の第2言語としての日本語習得
  • 小学校と中学校の英語教育におけるアプローチ―理論から実践へ―
  • 海外の大学における日本語教育-ケント大学の事例を中心に-
  • 英語学習における音読の必要性
  • AIの今とこれから
  • 日本における観光と温泉-榊原温泉を事例に-
  • 小学校外国語活動の導入と指導法についての考察

教員一覧

氏名 専門分野
教 授 豊住 誠 英語教育学
 児玉 玲子 英語カリキュラム開発・英語学
 張 磊 人工知能・異文化コミュニケーション
 外山 秀一 地理学・環境考古学
 芳賀 康朗 実験心理学
 山田 やす子 ドイツ語学・文学・女性学
准教授  川村 一代 英語教育学
 クリストファー・メイヨー 歴史学
助 教  川島 一晃 臨床心理学
 桐村 喬 データサイエンス・地理情報科学
  ◎:学科主任  

ゼミナール(演習)

ことばと文化研究ゼミ

児玉 玲子 教授
児玉 玲子 教授

基本テーマ

ことばと文化研究ゼミ

ことばは、人類の誕生・進化・文明・文化と深いつながりがあります。人間はどうして言葉を使うようになったのか、印刷術や情報伝達の進化が言葉に及ぼす影響はあるか、単語に含まれている歴史は?日英の文化の違いが言葉に及ぼす影響は?これらのテーマを取り上げて、専門的な知識とともにグローバルな教養をつけることをめざします。また、英文で書かれたものを読みながら英語の読解力もつけていきます。4年生になると、自分の興味のあるテーマを中心に調べて研究し、卒業研究を書き上げます。

情報機器・日中異文化研究ゼミ

張 磊 教授
張 磊 教授

基本テーマ

情報機器における勉強と研究及び、論文の読み書きに関する技術指導;各国の歴史・文化を学び、異文化の共存共栄を考えます。

人間と地域文化研究ゼミ

外山 秀一 教授
外山 秀一 教授

基本テーマ

ゼミ生の興味や関心をテーマに設定。ゼミ生とともに学び、考えるというスタイルをとっています。

「自然地理学」「環境と文明」「人文地理学」「地誌学」「地域情報論」「歴史地理学」などの講義科目に見られるように、ゼミで対象とする分野は自然や人文、さらには地域や歴史など、多岐にわたっています。私のゼミでは、ゼミ生の興味や関心を尊重して各自にテーマを設定してもらい、それを研究していく中で、ゼミ生とともに学び、考えるというスタイルをとっています。同時に、研究発表を通してゼミ生の潜在能力を引き出し、柔らかい発想力に気づかせ、創造する力を最大限に発揮させる指導をしています。

英語教育ゼミ

豊住 誠 教授
豊住 誠 教授

基本テーマ

英語の教え方や教材のあり方について研究します。

英語教育ゼミでは、英語の教え方や教材のあり方について研究しています。日本語の文献講読だけでなく、専門の洋書も精読しますが、これを通して英語力がさらに増進します。英語教育ゼミは、共通の目標を持つゼミのメンバー相互の交流を通して「よく学び、よく遊ぶ」人間形成の場です。ゼミの卒業生の多くは中学校や高校、塾などの先生として活躍していますが、得意の英語を活かして企業で海外とのやりとりに従事している人もいます。将来英語を教える仕事に就きたい人、仕事で英語を使いたい人にお薦めです。

実験心理学ゼミ

芳賀 康朗 教授
芳賀 康朗 教授

基本テーマ

ヒトの非言語コミュニケーションの特徴やジェスチャーの機能について、行動観察や実験を行いながら考えていきます。

ヒトは他者とコミュニケーションを行う時、主に言葉を使って情報を交換します。しかし「目は口ほどにものを言う」という諺が示すとおり、表情、視線、身振りなどの非言語的手がかりが重要な役割を果たすこともあります。また身振りは、自分の内的思考を整理整頓する時にも役立ちます。ゼミでは、ヒトの非言語コミュニケーションの特徴やジェスチャーの機能について、行動観察や実験によって検討していきます。自分の興味や関心に基づいて研究を進めていくことの面白さを味わってもらいたいと思います。

異文化研究ゼミ

山田 やす子 教授
山田 やす子 教授

基本テーマ

異文化間でのコミュニケーションを中心テーマに、発表・議論を通して各自の研究を深めていきます。

ゼミでは文化の違いと異文化間でのコミュニケーションを中心テーマにしています。異なる文化のジェンダー、女性の人権、宗教などについて映像や文献を参考にして、発表とディスカッションを通じて学びます。また、他の文化圏からのゲストを招いて交流することで、異文化を体験的に学習します。異文化についてこれらのさまざまな学びの中で、ゼミ生たちは最も深く興味・関心を持つテーマを選び、発表・議論を通して各自の研究を深めていきます。指導にあたっては、一律にせず、ゼミ生それぞれの個性と能力に合わせた助言を心がけています。

実用英語ゼミ

川村 一代 助教
川村 一代 准教授

基本テーマ

英語でのコミュニケーションに必要な、「リスニング力」と「スピーキング力」を鍛えます。

言葉は人が人と関わる中で生まれてきたものです。英語は言葉です。英語という言葉を使って人と関わるために、英語を学習するのです。人との関わりは、相手の言うことを理解することから始まります。ゼミでは、音のつながりを意識しながら「リスニング力」を鍛えます。自分のことを理解してもらうことも重要です。英語で自己表現する「スピーキング力」は、ゼミの仲間たちと英語で近況報告し合いながら養います。英語で理解したり表現したりする幅を広げるのに欠かせないのが語彙力です。ゼミ生は毎週、自らを課した単語を覚えます。

Japan:Past and Present ゼミ

クリストファー・メイヨー 准教授
クリストファー・メイヨー 准教授

基本テーマ

和書と洋書を教材に、現代日本と関連性の高い歴史と伝統についての主要なテーマを考察します。

今日のグローバル社会において、他文化を学ぶことだけでなく、日本の文化大使として、日本について発信する機会も多々あります。意義のあるコミュニケーションをとるために、まずはギリシアの諺にあるように「汝自身を知れ」から出発します。ゼミでは、和書と洋書を教材にして、現代日本と関連性の高い歴史と伝統についての主要なテーマを考察します。英語でのディスカッションを通して、歴史解釈と伝統文化の変遷を研究します。ゼミの修了までに、日本ひいては自分を表現する言葉を見つけることを目標とします。

臨床心理学ゼミ

川島 一晃 助教
川島 一晃 助教

基本テーマ

人間にとっての「悩み」や「幸福」について心理学的な観点から学んでいきます。

「臨床心理学」と聞いてどのようなイメージを抱きますか?臨床心理学は、心理学的な知見に基づいて、心理的健康や幸福に寄与する研究と実践を行います。「臨床」とは、「床に臨む」と書きますが、誰にでも経験のある「悩み」を抱えながら生きることを支援する学問です。一方で、「人間の持つ肯定的な特性」も私たちが幸せに前向きに生きていくための有益な情報を提供します。「悩み」や「幸福」について、ともに学びませんか?

データサイエンスゼミ

桐村 喬 助教
桐村 喬 助教

基本テーマ

データサイエンスの手法と情報の正しい扱い方を学んでいきます。

多種多様かつ膨大な量の情報であふれる現代社会では、インターネットやテレビ、新聞などを通じて多くの情報を入手できますが、手に入れた情報の価値を見出し、活用していくためには、情報の正しい扱い方を身に付けておく必要があります。このゼミは、情報を科学的に捉え、考える、データサイエンスの手法を学ぶものです。ゼミでは、各自でテーマを設定し、対象についての情報を収集、処理、分析、表現するという一連のデータサイエンスの手順を実践し、情報の正しい扱い方を身に付けていきます。