大学からのお知らせ

坂本龍馬と討幕 講師/松浦 光修(教授)

更新日:平成29年10月14日

【年間テーマ:日本史の岐路】

 

幕末には、混乱する政局を「大名会議」で収集することが、何度も試みられては、すべて失敗に終わっています。そこで慶応3年(1867)、ついに西郷隆盛は、「もはや武力の発動しかない」と決意するのです。土佐藩は、それを阻止しようと、薩摩藩と会議を開き、「薩土盟約」と呼ばれる約束を結びます。その会議の席に、坂本龍馬がいました。龍馬は、どちらの側に立ったのか?。没後150年の今年、あらためて「龍馬、人生最後の年」に焦点をあてます。


fileその他ファイル
H29月例文化講座

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP