大学からのお知らせ

三国志とその後の倭国 講師/堀内 淳一(准教授)

更新日:平成29年5月6日

【年間テーマ:日本史の岐路】

 

『三国志』魏志東夷伝に「邪馬台国」の名が見られることは良く知られています。また、聖徳太子が小野妹子を遣隋使として派遣したことも、多くの人が教科書で学んでいるでしょう。しかし、卑弥呼がいた時代から、遣隋使が送られる時期まで、三百年以上離れています。この講座では三世紀から七世紀初頭までの倭国が、中国・朝鮮半島の史料からどう見えていたのかをお話しします。


fileその他ファイル
H29月例文化講座

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP