たった1枚の地図にさえ、歴史はドラマに満ちている。
55歳の冒険家
伊能忠敬が日本で初の測量地図を作るために江戸を旅立ったのは、彼が55歳のとき。それから71歳までの16年間、全国を歩いて精密な日本地図を作ったのだ。「人生50年」の時代だから、どれだけすごいかよく分かる。
列強諸国が驚いた
彼は完成直前に亡くなるが、完成させた弟子が死を隠し、忠敬の手柄として将軍に献上した。その後、幕末に日本に来た欧米列強がその地図の精密さに驚き、日本への評価を改めたという。歴史はドラマに満ちているのだ。
江戸時代中期の編年史料集「享保通鑑」などを読み、当時の時代背景をもとに、政治や制度、文化などを実証的に学ぶ。江戸時代は現代につながる史料が数多く残っているため、学生が自分の興味に合わせて多彩な研究テーマを設定できる面白さもある。また毎年、全国の城下町などを巡るゼミ旅行も行われる。 専門は大名生活史・華族制度史。実は水戸徳川家の末裔。家系図によれば、もちろん先祖はあの徳川家康。
「神道博物館」「史料編纂所」などの施設をキャンパス内に持ち、伊勢神宮の図書館・史料館である「神宮文庫」(明治39年設立)も隣接している本学だけに、学芸員の育成にも力を入れている。


日本の観光産業は伊勢からはじまった
伊勢神宮は、江戸時代に年間400万人の観光客が押し寄せた日本最大の観光地。神宮の神官「御師(おんし)」は、参拝者を勧誘し、宿を斡旋するツアーコンダクターでもあった。日本の観光の原点は伊勢にあるのだ。
資料請求