動 the now

地域社会の現場で学ぶ『宇治☆山田プロジェクト』

Project

多彩な地域活動の中に入り、
地域を、日本を動かす。

 地域課題の解決を通して日本を動かす人材を育成するため、現代日本社会学部では「地域社会研究会」を設置。地元商店街の活性化や、まちづくり事業への参加、伊勢の名産を活かした商品開発・販売などを行う『宇治☆山田プロジェクト』や、商店街の空き店舗を利用したサテライト施設で映画上映会を行う「まちなか研究室」、宇治山田駅前に開設した「駅前ちょっとラボ」など、さまざまな活動を展開する。また地域問題に携わる全国的な学生組織「全国まちづくりカレッジ」にも参加し、多彩な視点で地域を動かす仕掛けづくりを行っている。

Move

ビジネスの厳しさに触れ、
実社会で必要なスキルを学ぶ。

 本プロジェクトでは、学生が積極的に地域の活動に参加し、その経験を通して地域の人々が何を求めており、自分たちに何ができるかを見つけていく。たとえば商店街のお祭りでは、学生は毎年子ども向けのゲームの企画と運営を担当する。小さなゲーム機でも、学生は子どもが何を求めているかを何度も話し合い、時間をかけて準備をする。しかも毎年の売上で、企画の良し悪しが評価される。ビジネスの世界では、学生だからという言い訳は通用しないのだ。
 近年、活動の一環として、伊勢の老舗茶園と共同開発した「宇治山田の和紅茶」のプロモーションを展開中。これによって、学生は物を売る難しさと同時に、行政と交渉してビジネスの仕組みを作る楽しさや、プレゼン能力、コミュニケーション能力など、社会人に不可欠のスキルを身につけていく。現在、和紅茶に続く新商品も開発を計画中。伊勢の魅力がつまった新商品が登場する日は近い。

interview

和紅茶のPR活動を通して
接客の楽しさを学びました。

 最初、伊勢の名産「伊勢茶」を売る計画でしたが、調べるうちに「和紅茶」の存在を知り、パッケージや販売方法などをみんなで考えました。イベントで多くのお客さんと触れ合い、接客の楽しさと難しさを学んだことは、社会人になってもきっと役立つと思います。

現代日本社会学科3年生 古川侑音(ふるかわゆうと)
現代日本社会学科3年生
古川侑音(ふるかわゆうと)

その他にこんなプロジェクトや授業を実施しています!

  • 社会臨床実習
  • 社会調査実習
  • 社会臨床研究ゼミ
  • 地域産業プロジェクト
  • 攻めの社会人養成講座
ページTOPへ