国史学科

史學會

皇學館大學史學會とは?

皇學館大學史學會は、主に皇學館大学大学院文学研究科国史学専攻および文学部国史学科に関係する教職員、旧教職員、卒業生、在学生をもって組織する、史学の研究および会員相互の親睦をはかることを目的とした学術団体です。研究部会、講演会、歴史散歩などの開催や、機関紙『皇學館史學』の発行を行っています。

機関紙『皇學館史學』

年1回発行。会員による論説・研究ノート・史料紹介などを掲載しています。

皇学館史學
第31号(平成28年3月)
  • 北魏孝文帝の「漢化政策」とその支持者について〔堀内淳一〕
  • 伊勢の大神宮と東大寺大仏造立〔岡田 登〕
  • 伊勢国桑名郡春日社社家と神祇官吉田家―戦国期を中心として―〔伊藤信吉〕
  • 『岩倉公実記』の編纂と公文書〔谷口裕信〕
  • 『読史余論』の研究〔宮本晃成〕

彙報・皇學館大學史學會平成二十七年度活動報告
・平成二十七年度修士論文及び卒業論文題目
・平成二十七年度教員並に講義
・平成二十七年度研究旅行

詳細はこちらをご覧ください。

行事(平成28年度)

4月21日 評議員会(総会議案等について)
4月28日 総会(昨年度活動報告・決算案、今年度活動計画・予算案審議、研究部会・委員紹介他)
6月26日 歴史散歩 大倭(日本)国の成立の地を巡る
<見学地>〔東大寺山古墳〕・石上神宮・西山古墳・〔大倭神社〕・〔下池山古墳〕・〔東殿塚古墳〕・黒塚古墳・祟神天皇陵・〔天神山古墳〕・景行天皇陵・ 纏向遺跡・箸墓古墳・桜井市埋蔵文化財センター・大神神社・槍原神社・〔脇本遺跡〕
※〔〕は、車内より遠望
11月 10日 評議員会(『皇學館史學』第32号の編集について他)
11月17日 研究発表会
発表者:
1.大中臣清麻呂の研究(樋口尚寛氏)
2.綸旨の発給ー治天の君と奉者の関係性ー(瀬古実酉氏)
3.慶長期の山田奉公(梅田優歩氏)

時間:16:30〜18:00
場所:234教室
※事前のお申し込み不要。定員200名。全席自由。
11月24日 講演会
講師:金子 修一先生(國學院大學大学院文学研究科教授)
演題:則天武后の存在とその後
時間:16:30〜18:00
場所:621教室
※事前のお申し込み不要。定員300名。全席自由。
2月4日 講演会
講師:岡田 登先生
演題:大倭(日本)国家の成立と伊勢の大神宮
時間:15:00開演
場所:231教室
※事前のお申し込み不要。定員300名。全席自由。
3月18日 『皇學館史學』第32号発行