文化発信コース

コース概要

さまざまな日本の文化に触れる

日本人の考え方の基盤となる文学・歴史・思想・宗教などを理解すると同時に、礼法・武道・茶道、伝統的な建築・工芸など、日本に息づくさまざまな文化を学びます。

日本の文化を正しく継承する

日本人の美意識や、漆や柿渋による繊細な塗装技術、精密な木・竹工技術など、日本人がものづくりに注いできた情熱と「こころ」を受け止める感受性を育みます。

多彩な日本文化に精通する

将来、日本文化を継承・発展させる担い手として活躍できるよう、薙刀や合気道などの武道や、本格的な茶室での茶道を実体験し、日本人ならではの洞察力や即応力を磨きます。

日本文化の新しい価値を創出

旧き良き日本を学ぶだけでなく、若者らしい新しい発想でその良さを発展させ、世界に発信し、さらに“新しい日本文化の価値”を創出できる人材を育成します。

コース概要
コース概要
コース概要

コース紹介

育てる人材

あらゆる分野で、新しい日本の価値を創造できる人材。
日本の知恵と人的ネットワークを駆使し、新しい「日本の価値」を生み出すことができる人材。

学科概要
何を学ぶのか
現代日本の課題
  • 日本語の乱れ・活字離れ・地域格差・後継者不足など
学びの分野
  • ものづくり(建築・工芸)、人づくり(文学・歴史・礼法・芸能)
どう学ぶのか
  • 日本文化継承に尽力する人々の思いに学ぶ
  • 正しい作法と思考力・行動力を身につける
  • 伝統を受け継ぐ企業で業務体験を行う
 
将来の進路
  • 家業継承
  • 公務員
  • 企画・マーケティング
  • NPO団体
  • 伝統産業
  • 各種文化施設・観光業
  • 大学院・海外留学などへの進学

現代日本社会学部の就職・資格についてはこちらでご覧ください。

コースTopics

フィールドワーク(研究旅行)

毎年、各ゼミはそれぞれの研究内容に合わせてユニークな研究旅行を行います。

●岩崎正彌ゼミ

 文化発信コースのフィールドワークは首都東京へ。東京は意外と(あるいは当然ながら)日本の伝統文化の宝庫なのです。新橋演舞場で本物の大歌舞伎を堪能し、伝統工芸青山スクェアで全国の手仕事の名品を賞翫しました。花の大江戸から、日本の伝統文化の未来を見つめます。

文化発信コース フィールドワーク

京都老舗探訪

 本学科では、日本の伝統文化を継承する京都の老舗を訪ね、そのご苦労話などをお聞きする実習を年に2回開催しています。これまで京銘菓「鶴屋吉信」、神祇装束「井筒」、茶舗「一保堂」、京漆器「象彦」、京麩「半兵衛麩」、京唐紙「唐長」、帯「誉田屋源兵衛」、和傘「日吉屋」、旅館「柊家」、菓子司「末富」などのトップからさまざまな話をお聞きし、学生は見聞を広げると同時に、就職活動に向けて大いに刺激を受けました。