就職者VOICE(平成29年度 神職、一般企業、公務員)

そして、社会の最前線へ。

今年も、数多くの先輩たちが、続々と夢への切符を手にしています。そんな先輩たちに、就職内定を勝ち取るためにどんなことを学び、その結果をどのように就職活動に活かしたのかを聞いてみました。

自己PR・面接対策講座は、参加する価値があります。
平成29年度就職者
文学部 神道学科
鈴本 真子さん
一般企業
三重県信用農業協同組合連合会(JAバンク三重信連)

大学の授業で業界研究を行うなど、就活が始まる前から少しずつ準備はしていました。また就職担当の先生にはよく相談していて、面接の練習やエントリーシートの添削など、ずっと面倒をみてもらいました。3年生の秋頃から就職支援の講座などを活用しましたが、中でも「自己PR・面接対策講座」は参加する価値があると思います。本番の面接官が優しく感じるほど厳しいものでしたが、この講座のおかげで本番は胸を張って臨めました。

何でも相談できる先生がいてくださった、おかげです。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
太田 帆奈美さん
一般企業
株式会社赤福

伊勢に住みながら、伊勢のためになる仕事がしたいと思っていました。公務員も検討していたため「公務員試験対策講座」を受講。これがSPI対策にもなったと思います。また「自己PR・面接対策講座」を受講したことで、普段通りの気持ちを持ち続けることが大切だとわかり、最終面接の時も落ち着いて受けることができました。就職担当室の先生に何度も相談したおかげで、気持ちの余裕も持てました。

大学の授業も、就活時のプラスに。
平成29年度就職者
文学部 コミュニケーション学科
田牧 亮さん
一般企業
株式会社百五銀行

銀行員の先輩に話を聞くうちに、自分も同じ道に進みたいと思うように。定期的に就職担当室の先生に面談を行ってもらったおかげで、どの時期に何をすればよいかが分かり、人より早く就活に専念し余裕を持って本番に臨むことができました。また「マナー入門」や「ソーシャルスキル」「表現実習」の授業にも積極的に参加したことも、大きなプラスになりました。何事も自分から動くことが重要だと思います。

週1回の就職対策講座は、勉強になりました。
平成29年度就職者
文学部 コミュニケーション学科
福村 亜梨沙さん
一般企業
株式会社H・I・S

その場所でしか感じることのできないモノ、人の出会いを創造し、人々に喜びや感動を届けられる仕事に就きたいと、旅行会社への就職を希望しました。週に1回の「就職対策講座」では、面接対策など詳しく教えて頂き、勉強になりました。私は複数の業種・職種で就活を行ったので、違う企業に挑戦する度に、エントリーシートを添削し、相談にのってくださった就職担当室の先生には感謝しています。常に笑顔でチャレンジ精神を忘れずに頑張りたいと思います。

本番同様の雰囲気で練習したことで、余裕が持てました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
橋爪 かんなさん
一般企業
株式会社中部国際空港旅客サービス

気になった企業にはどんどん挑戦し、その中で自分が一番やりたいことを見つけることができました。就職担当室は、進路に迷った時や不安がある時にお世話になり、その都度解消することは大切だと感じました。「集団面接・グループディスカッション実践講座」は、外部講師の方に指導して頂き、本番同様の雰囲気の中で受けることができたので、選考本番の際は少し余裕が持てました。受講して本当によかったです。

合同企業説明会やインターンシップに参加し、視野を広げました。
平成29年度就職者
現代日本社会学部 現代日本社会学科
小谷野 真衣さん
一般企業
株式会社みずほ銀行

ゼミ活動やCLL活動を通じて「地域経済に貢献したい」という思いを持つようになり、金融の仕事に興味が湧きました。就職担当室の先生には本当によく相談にのっていただき、「情報処理特別講座」や「集団面接・グループディスカッション実践講座」も受けました。また合同企業説明会やインターンシップにも積極的に参加し、様々な業界・職種をみるように心がけました。今後は地域の経済に貢献できる仕事をしたいと思います。

インターンシップで実務を体験、将来の道を見つけました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
一尾 優冶さん
一般企業
株式会社三重銀行

三重銀行の冬季インターンシップに参加して、実際の業務を体験。ここで働きたいという気持ちが高まりました。それからは就職担当室の方々に、合同説明会や就職対策講座、実践講座などの情報を教えてもらったり、履歴書の指導や面接練習など、何から何まで面倒を見ていただきました。最初は公務員も考えていたので「公務員試験対策講座」も受講。最終的に試験は受けませんでしたが、自分にとって大変勉強になりました。

面接の傾向や対策など、手厚いサポートに感謝しています。
平成29年度就職者
文学部 国史学科
宍戸 昭文さん
一般企業
株式会社第三銀行

金融業界の中でも地元に密着し、貢献できるところへ就職したいと考え、自分の考えと合致するのが地方銀行でした。就職担当室の先生には、エントリーシートの添削はもちろん志望企業の面接傾向や対策など、多くのことを指導していただき、感謝しています。これからは学生の時以上に責任を持つことが重要になると思います。自らの行動に自覚と責任を持ち、同僚やお客様から信頼される社会人になりたいと思います。

個別の就職支援のおかげで、就活の土台作りができました。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
吉原 百合香さん
一般企業
三重銀行

最初は何もわからない状態でしたが、個別に就職担当室の先生がついてくださり、そこで自己PRや志望動機などの土台を作ることができました。「自己PR・面接対策講座」では生徒同士でも面接を確認しあうため、相手の立ち居振る舞いなども参考になりました。また学内で行われた企業説明会では、少人数で深く企業からのお話を聞くことができて、非常によかったです。今後は常に向上心を持って働きたいと思います。

ゼミや就職担当室の先生による、親身なサポートのおかげです。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
中川 晶子さん
一般企業
日本郵便株式会社

郵便局の窓口で私が困ったときに、親身に対応してくださり、郵便局員になりたいと思うようになりました。就職活動では、就職担当室での自己PR添削や、模擬面接のアドバイスが大変役に立ちました。また、ゼミの先生や就職担当室の先生に、様々な悩みを相談でき、内定までがんばることができました。郵便局は、地域の方がよく利用する場所なので、地域の方との信頼を築き、みなさんから頼られる郵便局員になりたいと思います。

合格に導いてくれたのが、豊富な対策講座です。
平成29年度就職者
文学部 国史学科
福井 善大さん
公務員
警視庁

自分の実力がどこまで通じるか試してみようと思い、進路を考えました。まじめな性格なので、警察官の仕事が合っているのではないかと感じていたからです。就活時には「公務員試験対策講座」「自己PR・面接対策講座」「集団面接・グループディスカッション実践講座」「ファイナル講座」などを受け、エントリーシートや履歴書の書き方にも力を入れました。卒業後は今以上に視野を広げるためにも、様々な経験を積みたいと思います。

療育という面からサポートできる保育士になりたいです。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
奥山 玲加さん
公務員(保育士)
三重県庁

子どもが好きで、福祉についても興味がありました。進路に悩んだ時、先生から「三重県立子ども心身発達医療センターなどの施設で、保育士として働く」という選択肢があることを聞き、公務員試験の勉強を始めました。公務員試験は科目数が多く範囲も広いので、計画的に勉強をすることが大切です。模試も積極的に受け、苦手な分野は講座のDVDを借りて復習をしました。信頼関係を築き、心の支えとなれる保育士になりたいです。

公務員志望の友人と励まし合い、夢を叶えました。
平成29年度就職者
現代日本社会学部 現代日本社会学科
鹿海 大弥さん
公務員
豊田市消防

幼い頃から憧れていた消防士という職業。東日本大震災の現場で活動する隊員の姿を見て、決意が固まりました。自分なりに公務員試験に備え、市販の教材を利用して勉強したり、わからない問題は先輩に聞いたりしました。またゼミの公務員志望の友人や、消防士を目指す友人と情報交換をするなど、仲間の存在が支えになりました。今後は市民の方に求められる人材となれるよう、日々の訓練に取り組みたいと思います。

希望が叶ったのは、公務員試験対策講座のおかげです。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
福岡 孝太さん
公務員
大台町役場

地域定住機能の新たな在り方について学ぶ「伊勢志摩定住自立圏共生学」の授業で、行政の方から“地元の為に働く”というやりがいをうかがい、公務員に興味を持つように。「公務員試験対策講座」では、勉強方法から面接対策まで指導していただきました。また就職担当室の先生には、履歴書の添削などでお世話になりました。今後は自分のように、地元で働きたいと思う人が増えるような町づくりに携わっていきたいです。

公務員試験対策講座が、自分を成長させてくれました。
平成29年度就職者
文学部 コミュニケーション学科
山本 龍星さん
公務員
三重県警

人に喜んでもらいたい、三重県の治安を守りたい、という思いから警察官を志望。「公務員試験対策講座」を受けたことで、自分自身も成長することができたと感じています。これからは誰からも信頼され、県民の皆さんが安心して安全に暮らせる町づくりをしていきたいと思います。

教育実習を経験したことで、進む道が決まりました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
助田 和樹さん
公務員
志摩市役所

最初は教師を目指していた私。教育実習の時に教師の苦労を知り、「子どもだけではなく教師も支えたい」と思うように。またゼミ活動の地方創生を目指す取り組みの中で、行政にも興味を持ちました。就職支援室では、自分に不足しているところを的確に指導していただいたおかげで、何をすべきかが明確になり、感謝しています。春からは市民のために力を尽くし、これまでの経験を活かして学校への支援もしていけたらと思います。

対策講座のテキストは復習しやすく、力がつきました。
平成29年度就職者
現代日本社会学部 現代日本社会学科
渡邊 吏香さん
公務員
明和町役場

大学COC事業のひとつでもある「産学官連携日本酒プロジェクト」に開始時から携わり、その中で地域の人達の魅力を感じて、明和町役場に勤めたいと思いました。そのため公務員試験に向けて、対策講座を受講。テキストの問題を一緒に解くので、復習しやすく力がつきました。今後は他県出身者としての視点を大切にして、仕事をしていきたいです。また後輩の成長のために、日本酒プロジェクトにも関わっていきたいと思います。

過去の試験資料を基に、的確なアドバイスをいただきました。
平成29年度就職者
文学部 神道学科
池田 雅貴さん
神職
嚴島神社

神社へお参りに行きますと、一心に神明に奉仕する神職の姿に感銘を受けたことで、神職になろうと決心しました。神職養成部の方が、過去の試験資料を用いながら模擬個人面談をするなど、熱心に指導してくださいました。そのおかげで、「なぜ、自分が神職になりたいのか」など、気持ちを確かめることができ、自信を持って採用試験に臨めました。これからは、志を忘れず、国の発展と人々の幸せを祈り、日々のお祭りをおこないたいと思います。

神職養成部の方の親身なサポートで、不安なく奉職活動をおこなえました。
平成29年度就職者
文学部 神道学科
西田 日向子さん
神職
乃木神社

地元の実家に近いお社で奉仕されている、女性の神職の方に憧れて、この道をめざしました。大学では、祭式や神道の授業、神社での奉仕や実習をとおして神職としての心構えや技能をじっくりと学び、神職として神様と氏子・崇敬者の間を取持つ立派な神職になりたいという思いを強めました。また、奉職活動では、神職養成部の方に手厚い支援をしていただきました。特に、私がお聞きしたいことを志望先の神社に奉職している先輩に質問してくださり、とても有難く大きな励みになりました。