就職者VOICE(平成29年度 教員)

そして、社会の最前線へ。

今年も、数多くの先輩たちが、続々と夢への切符を手にしています。そんな先輩たちに、就職内定を勝ち取るためにどんなことを学び、その結果をどのように就職活動に活かしたのかを聞いてみました。

アドバイザーの先生には、何度も面接をしていただきました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
塚口 歩美さん
小学校教員
横浜市

3年時の教育実習で「自分はやはり教師しかない」と改めて感じました。教員になる夢を叶えるため、「教員採用試験対策特別講座」や「自己PR・面接対策講座」などを積極的に受講。特に面接練習はアドバイザーの先生にご協力いただき、何度も繰り返し練習をしました。春からは小学校教師として、子ども達と共に成長し、常に学び続けていきたいと思います。

丁寧な指導のおかげで、中学生からの夢を実現できました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
山﨑 温子さん
中学校教員
三重県(英語)

中学生の頃から教師になりたいと思っていましたので、大学では教育学部に入学しました。教職支援室の先生方には、本当に丁寧に指導していただき、感謝しています。特に受けておいてよかったと感じているのは「集団面接・グループディスカッション実践講座」です。今後は生徒の気持ちに寄り添い、共に成長していくことができる教師になりたいと思っています。

教育アシスタントや教育ボランティアにも参加しました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
生川 舞さん
小学校教員
三重県

大学でのゼミ活動でキャンプなどを経験する中で、教師になりたいという思いが強まりました。「教員採用試験対策特別講座」や「自己PR・面接対策講座」、「集団面接・グループディスカッション実践講座」などを受講し、「教育アシスタント」や「教育ボランティア」などにも積極的に参加しました。子どもの些細な変化にも気づき、その子の良さを伸ばしてあげられるような教師が、自分の目指す理想像です。

ゼミの講義が、特別支援学校教員への道標になりました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
坂 風花さん
特別支援学校教員
三重県

小学校の時の先生に影響を受け、教師を目指して入学しました。ゼミの講義で、子ども達がハッピーになれるよう様々な指導を行ったという先生の話を聞き、特別支援学校の教師になりたいと思うように。教職支援制度で受けてよかったと思うのは「集団面接・グループディスカッション実践講座」です。何度もこの講座で練習を重ねたおかげで、本番も緊張せずに自信を持って臨むことができました。

気持ちが固まったのは、教育現場を体験できたからです。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
川本 耕太朗さん
小学校教員
三重県

ゼミでの活動や「教育アシスタント」を経験し、小学校の教育現場を見ることができたのは、自分にとって進路を決めるためのよい経験となりました。小学校の教師になりたいという気持ちが固まり、「教員採用試験対策講座」をはじめ「自己PR・面接対策講座」、「集団面接・グループディスカッション実践講座」などを受講。春からは念願の小学校教師になります。子ども達に誇れる先生になりたいです。

頑張れたのは対策講座など、様々なサポートのおかげです。
平成29年度就職者
文学部 コミュニケーション学科
柴田 歓音さん
小学校教員
三重県

高校の時、親身になって相談にのってくださった先生のように、生徒の心の拠りどころになれる存在になりたいと思ったことがきっかけで、教師を目指すようになりました。教職支援室では「教員採用試験対策講座」や「自己PR・面接対策講座」など様々なサポートがあり、勉強する動機づけにもなりました。これからは自分らしさを大切に、笑顔あふれる教師になりたいと思います。

手厚い教職支援講座のおかげで、夢が叶いました。
平成29年度就職者
文学部 国史学科
稲垣 結花さん
中学校教員
三重県(社会)

中学時代の恩師に憧れ、それからは教師になることが目標に。夢を叶えるために、様々な教職支援を活用しました。「教員採用試験対策講座」や「自己PR・面接対策講座」、「教員試験対策DVD講座」などを受講。対策講座では三重県の教育に関する資料が配布されるので、面接の時に非常に役立ちました。初心を忘れずにこれからも学び続け、子どもと共に成長していける教師でありたいと思います。

国語の奥深さを子ども達に伝える教師になりたいです。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
山本 理聖さん
中学校教員
福岡市(国語)

どこまで自分で調べても不安が残るものですが、教職支援でプロの先生方に相談できたおかげで、自信を持って試験に臨むことができました。「教員採用試験対策特別講座」や「自己PR・面接対策講座」などを活用しながら、学科の先生や教職支援の先生、友人達に相談しながら進めていけたことがありがたかったです。「子ども達から教わることも多くある」ということを、ずっと心に留めておける教師になりたいと思います。

教職支援室の資料や問題集は、一次試験で役立ちました。
平成29年度就職者
文学部 国史学科
江藤 俊太さん
小学校教員
三重県

高校時代の恩師に憧れて教師になりたいと思うように。入学後に教育アシスタントや教育実習などを経験し、気持ちがより強くなりました。教職支援室には多くの資料や問題集があり、一次試験の勉強をする際にとても役立ちました。「集団面接・グループディスカッション実践講座」では、色々な人の意見を聞くことができて考え方の幅が広がったと感じます。憧れの教師になれて、不安もありますが楽しみな気持ちが大きいです。

論作文や面接など、細やかな指導に助けられました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
山本 航さん
小学校教員
愛知県

授業で行った模擬授業を通じて授業の大切さややりがいを感じ、改めて教師をめざす決心をしました。「教員採用試験対策特別講座」などを活用しながら、教職支援の論作文指導や面接指導を利用。細かいところまで教えて頂けたことがありがたかったです。自分でも志望する自治体の過去問題を解き、友人と面接の練習を重ねました。皇學館大學で学んだこと活かして、子どもの気持ちを考えられる教師を目指し、日々努力していきたいです。

岐阜県の傾向に沿った対策が、合格につながりました。
平成29年度就職者
文学部 国文学科
水尻 成美さん
小学校教員
岐阜県

「教員採用試験対策特別講座」や「自己PR・面接対策講座」など様々な教職支援を活用しましたが、特にお世話になったのが面接練習です。岐阜県志望の学生専用の枠を作ってもらい、いつも同じメンバーで集団面接の練習を繰り返したおかげで弱点もわかり、岐阜県の傾向に沿った対策もしていただけました。先輩方の合格者報告会に参加して、「自分も絶対に受かりたい」と高い意識を持てたこともよかったと思います。

教育現場を経験したことで、教師への思いが強くなりました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
石原 侑樹さん
小学校教員
浜松市

小学校の時の先生に憧れ、自分も教師になりたいと教育学部に進学。入学後に「教育アシスタント」や「教育実習」を経験し、小学校教師になりたいという思いが一層強くなりました。教員採用試験では面接が大きな割合を占めると聞き、教職支援室の先生方に面接練習を数多く行っていただいたことが、試験合格へとつながったと感じています。これからは、子ども達と共に成長し続けられる教師になりたいと思います。

ゼミや教育ボランティアで教師の魅力を再確認しました。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
樋口 敬一さん
小学校教員
愛知県

障がいを持つことを受け入れるきっかけを与えてくれたのが、小学校時代の先生。障がいを持つ児童を支えたいと、自分も教員を目指すようになりました。ゼミや教育ボランティア、教育実習などを通じて「教師」という仕事の魅力を再確認。教職支援制度の「教員採用試験対策特別講座」や「自己PR・面接対策講座」などを活用し、試験に備えました。また自分でも、小論文のテーマや過去の面接事例をまとめたりしました。

子どもの心に寄り添える、保育士をめざします!
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
若松 美月さん
保育所
弥富市

小学校6年生頃から、幼稚園や保育園の先生になりたいと思っていました。そして、大学での実習経験から、乳幼児の発育にかかわることができる保育士をめざしました。就職活動は、教職支援の方々に、何度も模擬面接をしていただきました。おかげで苦手な面接を克服し、本番の就職試験では、笑顔で落ち着いて受け答えができました。常に、親身になって一緒に考えたり的確なアドバイスをくださった教職支援の方々に感謝しています。

療育という面からサポートできる保育士になりたいです。
平成29年度就職者
教育学部 教育学科
奥山 玲加さん
保育士
三重県庁

子どもが好きで、福祉についても興味がありました。進路に悩んだ時、先生から「三重県立子ども心身発達医療センターなどの施設で、保育士として働く」という選択肢があることを聞き、公務員試験の勉強を始めました。公務員試験は科目数が多く範囲も広いので、計画的に勉強をすることが大切です。模試も積極的に受け、苦手な分野は講座のDVDを借りて復習をしました。信頼関係を築き、心の支えとなれる保育士になりたいです。