就職者VOICE(平成28年度 教員)

そして、社会の最前線へ。

今年も、数多くの先輩たちが、続々と夢への切符を手にしています。そんな先輩たちに、就職内定を勝ち取るためにどんなことを学び、その結果をどのように就職活動に活かしたのかを聞いてみました。

仲間と共に励んだ面接・討論練習が合格につながりました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
伊達 成章さん
小学校教員
愛媛県

教育実習で、児童と共に授業を作りあげる難しさ、楽しさ、そして共に成長していくことができる素晴らしさを体感し、教員になることを改めて決意しました。教職支援室の集団面接、討論、個人面接、論作文を活用し、自分では上手くまとめられなかった自己PRなどの助言をもらえたことが、力になりました。特に努力したのは面接練習と討論の練習で、討論は50回以上練習したと思います。一緒に練習してくれた仲間には感謝しています。

一緒に教員を目指す仲間がいたから頑張れました。
平成28年度就職者
文学部 国文学科
福田 祐也さん
小学校教員
富山県

小学校の恩師との出会いから始まり、中・高と思いが強くなっていった教員への憧れ。大学に入学後、具体的な教育法を学んだことで、決意が固まりました。教員採用試験対策特別講座などで知り合った学友とは、自主的に集まって面接や討論の練習を行い、教員を目指す者としてお互い高めあうことができました。教職支援の面接練習も個別に対応してもらえたので、自分に不足している部分がわかり、改善することができました。

面接練習でもらった客観的な意見が役に立ちました。
平成28年度就職者
文学部 国文学科
岡元 康次さん
小学校教員
愛知県

大学1年から始めた子どもに勉強を教えるボランティアを通して、教えることの楽しさ、大切さを知り、教師になりたいと思うように。教員採用試験対策特別講座では、幅広い範囲の内容を教えてもらえたので勉強になりました。また教職支援室の面接対策も心強かったです。集団面接や個人面接など複数の面接対策をして下さったので、本番で役に立ちました。友人とも面接練習をし合い、客観的な意見をもらえたのもよかったです。

複数の面接官と練習を積んで、苦手意識を克服
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
下地 真央さん
小学校教員
三重県

なんとなく先生になりたいと思い入学しましたが、授業で様々な分野を専門とされている先生の話を聞き、教育に関する知識をもっと身につけたいと思うようになりました。採用試験の対策としてよかったと思うことは、3名の教職アドバイザーのもと、個人面接や集団面接の練習を積んだこと。先生によって質問内容も違うため、様々なタイプの面接官を想定することができましたし、数多く練習することで、苦手意識も克服できました。

教員採用試験対策特別講座のおかげで、模試の点数もアップ。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
寒川 綾子さん
小学校教員
和歌山県

小学生の頃からの憧れだった教師になれたのは、教職支援室の先生方のおかげです。採用試験前にはたくさん相談にのってもらい、「小学校教師を目指したい」という気持ちがより強くなりました。また教員採用試験対策特別講座では、分かりやすい指導のおかげで模試の点数がアップ。他に自己PR・面接対策講座も活用しました。これからは児童からも保護者からも信頼してもらえる、常に学び続ける教師になりたいと思います。

地元の採用試験情報も教えてもらえて、心強かったです。
平成28年度就職者
文学部 国文学科
吉川 里緒奈さん
小学校教員
長野県

教員採用試験に備え、1年生の頃から面接の練習を重ねました。長野県の教員採用試験を受験するため不安もありましたが、教職支援室の先生が長野県の傾向がわかる資料や、採用試験説明会の情報などを教えて下さったので、心強かったです。面接や討論の練習では回数を重ねるごとに自分のよさを実感でき、考え込まなくても話せるように。ゼミの先生や教職支援室の先生が、励ましの声をかけて下さったおかげで頑張れました。

面接対策講座では、予想外の質問が勉強になりました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
近藤 大斗さん
小学校教員
三重県

自分は面接が苦手だったので、自己PR・面接対策講座を活用し、とにかく練習をたくさん行いました。「これは聞かれそうだな」と予想できる質問以外に、「こんなことも質問されるのか」と、自分では想像できないような質問も。経験をたくさん積んだおかげで、本番では緊張せず落ち着いて話すことができました。これからは、子ども一人ひとりの個性を活かした、楽しい授業づくりのできる教師を目指したいと思います。

教職支援の方や先生、ゼミの仲間に支えられました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
坂井 真鈴さん
小学校教員
三重県

教師になるという夢に向けて、面接指導や論文対策など、教職支援室の先生方にはアドバイスをたくさんいただきました。時には悩みを聞いてもらいながら、自分の強みや弱みを客観的に知ることができ、自信を持って採用試験に臨むことができました。またゼミの仲間と問題を出し合って勉強したり、ゼミの先生に討論や面接練習をしていただいたりと、周囲の人達の支えがあったからこそ、合格することができたのだと思います。

同じ目標を持つ仲間が大勢いたから、自分も頑張れました。
平成28年度就職者
文学部 国文学科
三林 礼佳さん
小学校教員
三重県

春休みに受けた教職採用試験対策特別講座は、試験勉強の習慣をつけるきっかけになりました。同じ目標を持つ仲間が集まっていたので、勉強に専念しやすい環境でした。試験直前には友人達と面接や討論の練習を行いましたが、仲間と確認し合ったことで、当日は緊張せず堂々と話せました。教師になることがゴールではなくこれからがスタートなので、常に学び続ける姿勢を忘れずに、一つひとつの経験を大切にしていきたいです。

書いた論文をすぐに先生が添削。繰り返すことで力に。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
山田 優治さん
小学校教員
岐阜県

高校の時に参加した小学生との交流学習がきっかけで、教師を目指すようになりました。大学の講義では、教育学そのものの面白さを感じることができ、「教師になりたい」という気持ちがさらに高まりました。教員採用試験に向けて活用したのは論作文指導や面接練習です。繰り返し利用しました。論作文は自分一人で書いているだけではなかなか上達しないので、書いた文章をすぐ先生に指導してもらえるのはありがたかったです。

短期間でも濃い内容の指導をいただき、合格できました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
山本 真子さん
小学校教員
神奈川県

教職支援室の論作文指導を受け始めたのは、4年生の春から。試験日まであと数カ月という時期でしたが、担当の先生には何十枚もの添削と数多くの助言をしていただき、自信を持って試験に挑むことができました。また集団面接実践講座は、本番さながらの練習として活用。普段学生同士の練習では気づかなかった指摘や指導をしてもらえ、討論メンバーが毎回違うため、様々な考え方を知ることができるのは刺激的でした。

多くの社会人と話すことで、理想の教師像がみえてきました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
重村 幸秀さん
小学校教員
大阪府

大学時代、ボランティアや趣味を通じて自分より年齢が上の人達と接し、話をする機会を多く作ってきました。社会人の方々と話をする事で自分の幅が広がり、教師という職業についての客観的な意見を多くもらうことができました。教職支援アドバイザーの先生方にも、親身になって話を聞いてもらい、「自分が目指す教師像」と「子どもの親が望む教師像」との違いについて考えることができたのは、学生時代の大きな収穫です。

遅れていた試験対策を、柔軟にフォローしていただきました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
小宮 静夏さん
小学校教員
三重県

3年次の教育実習で「小学校の先生になりたい」という思いが固まった私。部活動に力を入れていたため、筆記はもちろん個人面接、集団討論、小論文など全てにおいて周囲より遅れをとっているという自覚がありました。そんな私のために、受験する県の採用情報を調べて下さったり、予約時間外でも相談にのっていただいたりしました。個々にあわせて柔軟な対応をしてくれる教職支援室のサポートを、1番活用したと思います。

苦手な面接を、教職支援とゼミでの練習で克服しました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
松浦 美帆さん
小学校教員
静岡県

私は初め面接が苦手でした。しかし練習を行う中で教職支援アドバイザーの先生方から励みになるアドバイスをいただき、次第に面接に自信がつきました。また苦手な分、話すための知識や情報を得るために「教職課程」を毎号読んだり、静岡県の教育委員会ホームページをチェックしたりしました。また集団面接は教職支援室の練習と並行して、ゼミの中でも練習を繰り返しました。仲間から刺激をもらえたこともよかったです。

ゼミの仲間と刺激しあえたことで、思いが強くなりました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
田川 倭さん
小学校教員
三重県

論作文の添削、個人面接、集団面接の練習など、教職支援室の先生方にはたくさんサポートをしていただき、自信を持って試験に臨むことができました。不安な時に相談にのってもらえたことも、大きな支えになりました。またゼミでは教師を目指す者同士、仲間と刺激しあえたことで一層「教師になりたい」という思いが強くなりました。これからは「どの子も伸ばす」という強い意志を持って、教師の道を進んでいきたいと思います。

集団面接を数多くこなしたおかげで、力を発揮できました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
内田 康友さん
小学校教員
愛知県

大学入学後、教育アシスタントや教育実習で実際に小学校へ行き、改めて「小学校の教師」になりたいと決心。教職支援室が主催する集団面接講座や、教員採用試験対策特別講座を受け、面接の基本や勉強の基礎が出来たと思います。特に集団面接を数多くこなしたおかげで、面接試験では力を発揮できました。また大学の仲間と一緒に、面接練習や勉強を頑張りました。周囲の人がいたからこそ、夢が叶ったと感じています。

教育支援のサポートをフル活用し、自信がつきました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
日比野 将也さん
小学校教員
岐阜県

もともと教師になるためにこの大学へ入学。各教科の模擬授業や教育心理の授業を受けて、さらにその気持ちが高まりました。教員採用試験対策特別講座では、筆記試験のポイントが分かり、とても役に立ちました。その他、自己PR・面接対策講座や集団面接・グループディスカッション実践講座で面接の練習をたくさん重ね、自信がついたこともよかったです。来年からは早く現場に慣れて、多くの知識を身につけていきたいです。

お互いを高めあえた、仲間の存在も大きかったです。
平成28年度就職者
文学部 国史学科
福島 一輝さん
小学校教員
三重県

教職支援室のサポートを存分に活用させてもらいました。面接や添削を通して的確な指摘出しはもちろんのこと、相談にのってもらったり、教育課題について議論してくださったりと様々な部分で力になってもらえました。特に面接の練習や小論文の添削が、試験対策として役に立ったと実感しています。また尊敬できる仲間で試験対策グループを作り、ライバルでありながらもお互いを高めあうことができたのもよかったと思います。

現場がわかる「教育アシスタント」は、貴重な経験でした。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
平山 果林さん
小学校教員
大阪府

私は1年生の頃から教育現場に興味があったので、教育アシスタントをしていました。実際に現場を経験することで、児童の実態にあわせた指導力を磨くことができたと思います。また教職支援室の教員採用試験対策特別講座は、とても役に立ちました。この講座に参加することで「毎日勉強を継続する」という習慣がついたからです。先生方には面接の練習を繰り返しみてもらったので、自信を持って面接試験に挑むことができました。

指導案を添削してもらったおかげで、最高の授業ができました。
平成28年度就職者
文学部 国史学科
保坂 朋秀さん
小学校教員
神奈川県

小論文、面接、模擬授業では、教職支援室の先生方にお世話になりました。小論文では資料で読んだ知識を文字にすることで、自分のものとして身につけることにつながりました。また添削してもらう中で新たな知識が増え、別の視点を教えてもらうことで、集団討論や個人面接で様々な角度から発言できるようになりました。模擬授業では何度も指導案を添削してもらったおかげで、自分の中では一番の授業をすることができました。

特別講座の活用は4年の夏からでしたが、夢が叶いました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
林 幼菜さん
小学校教員
神奈川県

教員採用試験対策特別講座を利用したのは、4年の夏頃から。先生方はわかりやすく教えて下さったので、楽しく学ぶことができました。教職支援室の制度で特に活用したのは、論文の添削や面接練習、場面指導など。一から丁寧に教えていただきました。社会人になると一層責任が重くなるので、一つひとつのことをしっかり行いながら、計画を立てていこうと思っています。そして子ども達が憧れるような教師になりたいと思います。

教師になる夢を叶えるための努力は、惜しみませんでした。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
鈴井 創支さん
小学校教員
静岡県

「とにかく面接の回数をこなし、他の人の考えや先生の見解を取り入れる」「自分の話し方の特徴を分析し、教師らしい話し方を研究する」「新聞を読むことを日課にし、毎日図書館の閉館時間まで勉強する」「教職を目指す学生と情報を共有する」「受験する自治体の研究をし、教育に関する自分の考えを固める」など、合格に向けてあらゆる努力を尽くしました。今後は、社会と共に教育を行える体制を築いていきたいと思います。

教職支援室の細やかなサポートが、合格へ導いてくれました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
澤村 和輝さん
小学校教員
愛知県

教職支援室の先生方には、面接の練習や小論文、自己申請書の書き方など、丁寧に指導していただき感謝しています。面接練習では、話し方から立居振る舞いまで教えてもらえたので、自信を持って面接に挑むことができました。また小論文と自己申請書については、指導教官に何度も添削をお願いし、限られた文字数でどうアピールするか、効果的なプレゼン方法を教えていただきました。すべてのことが合格に結びついたと思います。

教員採用試験対策特別講座の復習プリントで、苦手科目を克服。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
眞尾 拓臣さん
小学校教員
兵庫県

教職支援室で申し込みできる教育アシスタントを、2年生の時から続けていました。実際に子どもと関わり、現場を知ることで得られたものはとても大きかったです。試験対策として教員採用試験対策特別講座を受講しましたが、講義後に配布されるプリントでも復習し、特に苦手な科目は何度も問題を解きました。また教職支援室では、個人・集団面接、討論など偏りなく何度も利用。先生方からは毎回的確なアドバイスをいただけました。

対策講座で他の人の意見を聞き、より視点が広がりました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
齊藤 慎一郎さん
小学校教員
岐阜県

高校生の頃、近所の子ども達と遊んでいる時に、保護者から「先生みたいだね」と言われたことがきっかけで、教師という職業を意識するように。教員採用試験対策特別講座と、自己PR・面接対策講座を利用しましたが、面接練習や集団討論は、自らの考えをより良いものにすると同時に、他者の意見を参考にすることもできる場でした。論作文は仲間同士で意見交換をし、様々な視点を知ることができました。

一人ひとりにあわせたサポートと、豊富な資料が役立ちました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
齋藤 萌さん
小学校教員
三重県

子ども達が悩み、迷いながらも成長していく時期に、そばで支えてあげたいと教育学部に入学。模擬授業では、授業づくりの難しさや面白さを実感できました。教職支援室の先生方には、各自治体の試験傾向にあわせた対策をしてもらえたのがよかったです。また教職支援室には、過去の問題集や先輩方の受験体験記など豊富な資料が揃っており、参考になりました。同じ志を持つ仲間と刺激し合いながら、勉強することができました。

教職支援室はもちろん、日々の授業で必要な力がつきました。
平成28年度就職者
文学部 国史学科
稲垣 匡人さん
中学校教員
三重県

中学生からの夢だった教員になるために教職支援室を活用し、小論文対策の課題や豊富にある過去問題集で勉強を重ねました。また1年次から個人面談などを通して先生方から様々な助言をもらったことが、教職の勉強をうまく進めることができた要因のひとつだと思っています。日々の授業での課題をこなすことによって自分の意見や考えをまとめ、発表する力を身につけることができたことも合格へつながったと感じています。

教職支援のOBOG討論会やディベート会で経験を積みました。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
吉原 奈那さん
中学校教員
三重県

実習やゼミ活動の出前講座で実践を重ねていくうちに、教師という仕事の難しい面を知りました。「本当にやっていけるのか」と悩みましたが、やはり教師しかないと再確認。教職支援室主催のOBOG討論会、OBOGディベート会を活用しました。この会に参加すれば実践が何度もできるので、反省を忘れないうちに活かすことができましたし、参加者とのつながりが生まれ、モチベーションアップになったことも大きかったです。

大学で実感した「英語を学ぶ楽しさ」を子どもに伝えたい。
平成28年度就職者
文学部 コミュニケーション学科
辻岡 夕起子さん
中学校教員
三重県

入学当初は企業への就職を考えていました。しかし留学など国際交流を経験する中で、英語を学ぶ楽しさを実感し「この気持ちを子ども達に伝えたい」と教師を目指すことに。でも何から始めてよいかわからなかったので、教職採用試験対策特別講座があって助かりました。集団面接の練習で雰囲気にも慣れ、本番でも緊張せずに済みました。また同じ講座を受ける友人とグループを作り、モチベーションを維持できたのもよかったです。

OBによる討論練習会は、3年次からの見学をおすすめ。
平成28年度就職者
文学部 国文学科
竹本 美穂さん
高等学校教員
神奈川県

教職支援の先生方に添削、アドバイスをいただいたおかげで、論文試験では満点を取ることができました。教職支援室主催のOBによる討論練習会は、3年次より見学をしておくのがおすすめです。1年間でどのくらいのレベルに達しなくてはならないかがわかるからです。討論や面接は10人ほどのグループを作り、個人的にも練習を行いましたが、自分のクセなども指摘してもらえ、モチベーションを高く保つことができました。

練習日以外にも指導してくださった、教職支援の先生に感謝。
平成28年度就職者
教育学部 教育学科
堀部 紫乃さん
特別支援学校教員
岐阜県

2年次から始めた教育アシスタントを通じて、「教師になりたい」という目標が明確になりました。試験に向けて、教職支援室の3人の先生方には本当にお世話になりました。練習日以外にも面接の時間を設けていただき、丁寧に指導して下さったおかげで、自信を持って面接を受けられるようになりました。今後は先輩の先生方から多くのことを学びながら、子ども達からも刺激をもらい、自分も一緒に成長していきたいです。