キャンパスダイアリー

海外インターンシップ中国プログラム事後指導・成果報告会【6月14日】

平成29年6月14日に、第三銀行(本社三重県松阪市)と本学との提携協定に基づく、海外インターンシップ中国プログラム(上海・蘇州)の平成28年度短期海外研修事後指導・成果報告会を実施しました。

本プログラムは中国の上海・蘇州で現地の日系企業等を訪問して、就業体験をすると同時に、異文化に触れて理解を深めるというものです。その総仕上げに当たるのが、今回の事後指導・成果報告会となります。

まずは参加学生から平成29年3月6日~10日の5日間の体験の報告があり、続いて引率の堀内准教授(文学部国史学科)からの総括、最後に企画・運営に携わっていただいた第三銀行の担当者様からの講評となりました。活発で濃密な質疑応答により、参加学生はさらに刺激を受けたようでした。

平成28年度の中国プログラムはこの事後指導・成果報告会で実施完了となりますが、今回報告や意見交換の内容・課題については、次回に反映させて、より充実したものにしていきたいと考えています。

 

本年度の海外インターンシッププログラムは、平成29年8月下旬にクローバ電子(株)との提携によるマレーシアプログラム、平成30年2月下旬にこの中国プログラムを予定しています。

 

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP