キャンパスダイアリー

駅伝競走部 全日本大学駅伝対校選手権大会初出場を報告【7月10日】

駅伝競走部は、79日に開催された「秩父宮賜杯 49回全日本大学駅伝対校選手権大会東海地区選考会」にて、本戦への切符を手にしたことを佐古理事長、清水学長他、大学関係者に報告しました。

佐古理事長、清水学長及び橋本学生部長から労いの言葉があり、「本学では駅伝に特別な思い入れがある。この『駅伝』の命名者は、第6代神宮皇學館館長武田千代三郎先生である。この歴史の重みを背負い、熱田神宮から伊勢神宮まで駆け抜けて欲しい」と激励しました。駅伝競走部員は一同に本戦に向けて更なるレベルアップを誓いました。

4年教育学科の田中雄也君は「このチームで出場できてよかった。本戦では強豪校の中、1つでも順位を上げられるよう1つ1つレベルアップを目指します」と意気込みを語ってくれました。

 

全日本大学駅伝対校選手権大会へは、創部10年で念願の初出場を果たす快挙となりました。

快挙!駅伝競走部が秩父宮賜杯 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会に初出場を決める【7月9日】

パロマ瑞穂陸上競技場に於いて、秩父宮賜杯 49回全日本大学駅伝対校選手権大会東海地区選考会が行われ、本学が創部10年目、日比勝俊監督就任6年目でみごと初出場を果たしました。

予選会は、13大学が出場。一組各大学2名が出走し10000mを走ります。48名の合計タイムで争いました。

平成26年~28年は東海地区の出場枠は1大学。名古屋大学、岐阜経済大学が出場しています。今年は2大学とあって、期待が高まりました。

本学は、第1組第2組が終わって、強豪校を退け首位をキープ。第3組第4組では愛知工業大学に首位を譲りましたが、予選会2位の成績でみごと本戦への出場を決めました。

熱田神宮から伊勢神宮へ8区間106.8km。襷をつなぐ全日本大学駅伝は、115日(日)午前8時にスタートします。最終第8区では本学の前を選手達が走り抜けます。

 

 当日は、館友(卒業生)のみなさん、萼の会(保護者会)のみなさんを始め地元三重県の皆さんの沿道での応援をお願いいたします。

秩父宮賜杯 49回全日本大学駅伝対校選手権大会

(大会公式HP)http://daigaku-ekiden.com/taikai_topics/#ent1084

小松揮世久新神宮大宮司がご来訪【7月6日】

この度、小松揮世久新神宮大宮司が就任のご挨拶のためご来訪されました。

清水学長らと会談され、神都伊勢にお入りになられたご感想などを話いただきました。

ご来訪の際は、神職課程を履修する学生が白衣白袴姿でお出迎えをさせていただきました。

みえこどもの城「第5回キッズおしごと広場」に本学学生が運営ボランティアとして参加【7月1-2日】

 平成2971日(土)、2日(日)にみえこどもの城による「第5回 キッズお仕事広場」に本学学生が運営ボランティアとして参加しました。

 2日間で約40の企業が出展し、各ブースで小学生向けのお仕事体験イベントを実施しました。教育学部の学生を中心に2日間で約20名の学生がボランティアとして参加し、学生達も各企業ブースに入り、おしごと体験をする小学生のサポートを行いました。参加した学生は教員を目指す学生も多く、活動を通して大変勉強になったようです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット

記事検索

月別一覧

キャンパスダイアリーアーカイブ
TOP