公開講座

平成29年度 国文学会研究発表会

更新日:平成29年10月28日

【内容】

国文学会は、国文学国語学の研究の促進および会員相互の親睦をはかることを目的として活動しており、各研究部会・文学散歩・研究発表会・講演会・会報発行を行っています。恒例の研究発表会は前年度優秀な成績をおさめた卒業論文に基づくものです。この発表を聞けば、論の組み立て方やその展開のしかたなどが良く分かると思います。現在、卒業論文に取り組んでいる4年生や題目決定を目前に控えている3年生はもちろん1・2年生からの参加を期待します。

 

研究発表

 

上代語の研究                工藤超氏

―「狭霧」を中心に―

 

『源氏物語』における言葉の様相      古川幸奈氏

―「きよら」な夕霧の「きよげ」な姿―

 

古典教材としての宇治拾遺物語        長岡由莉氏

 

 

 

日時:平成29年10月28日(土)10:00~12:00

場所:皇學館大学  224教室


fileその他ファイル
平成29年度 国文学会研究発表会チラシ

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP