公開講座

『日本書紀』を読む 綏靖天皇~開化天皇 講師/大島 信生(文学部国文学科教授)

更新日:平成30年1月20日(土)

『日本書紀』は、養老四年(720)に撰進された我が国最古の官撰正史で、三年後の2020年には撰進千三百年を迎えます。『日本書紀』は全三十巻、神代から持統天皇の御代までを収録しています。今回は巻第四・巻第五を読みます。巻第四は、第二代綏靖天皇から第九代開化天皇までの八代を収録しています。綏靖天皇即位前紀の歴史的事件や関連記事以外は、皇統譜記事が中心となります。巻第五は、第十代崇神天皇の一代記です。崇神天皇は「御肇国天皇」(はつくにしらすすめらみこと)とたたえられました。本講座では、巻第四・巻第五の全文を通読します。

fileその他ファイル
  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 内定者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
  • 高校生ソーシャルビジネス
TOP