キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ / キャンパスダイアリー /  学内1DAYインターンシップを開催 <魅力向上支援補助事業>
キャンパスダイアリー
学内1DAYインターンシップを開催 <魅力向上支援補助事業>
平成28年2月29日(月) / 校内風景

平成28219日(金)・26日(金)の両日、9001600 株式会社学情によるコーディネートのもと、学内1DAYインターンシップを実施しました。

平成27年度に採択された三重県高等教育機関魅力向上支援補助金事業の「みえ出会いスイッチプログラム」のひとつで、仕事の疑似体験を通して仕事への理解や働くイメージをもち、社会人としてのマナーやスキルを身に付けることを目的として実施しました。

219日【営業編】に3年生41名、226日【事務編】に3年生35名が参加しました。

両日とも、まずテレフォンアポイントメントと名刺交換の仕方を学生同士でロールプレー練習したあと、下記の内容を体験しました。

 

 

【内容】 

219日(金)【営業編】

1.BtoC営業体験

①商品シート作成 ②ロールプレー(前・後半) ③フィードバックと反省 ④講評と質問

2.BtoB営業体験  

 ①ヒアリング(前・後半) ②企画シート作成  ③提案(前・後半)④フィードバックと反省 ⑤講評と質問

 

 

226日(金)【事務編】

◍ケーススタディ1.(見積書作成)

①ヒアリング(前・後半) ②答え合わせ

◍ケーススタディ2.(社内改善案作成)

 ①個人ワーク ②チーム話し合い/まとめ ③発表

◍ケーススタディ3.(トラブル対応)

①チョイスゲーム ②総括

2.企画会議

3.企画プレゼンテーション

 ①チーム発表 ②企画への評価/まとめ ③投票と結果

 

 

【学生の感想】

(営業編) 

・当初、営業は視野に入れていなかったが、今回の参加で「営業は無理・・」と避けることはせず、積極的に説明会に参加していきたいと思った。

・営業にとって大切なことを自分なりに把握できたので、身近に感じることができた。

・実際に体験して頑張れば、自分にも何とかなると感じた。

・営業は大変で、すごくストレスが溜まりそうなイメージしかありませんでしたが、その分やりがいを感じられる仕事なのかなと感じました。

 

(事務編) 

・事務=デスクワークではないことが理解できた。営業も事務もお客様優先、期限優先であることがわかった。初めての経験から多くのことが学べた。

・大学では、グループワークで話し合って一つのものを作り出す機会も少なかったので、貴重な経験となった。

・事務に対するイメージが大きく変わりました。今回の体験を通して企業・職種選びに臨みたいと思います。

・こんなにためになるものだったら、営業編も参加しておけばよかったなと思いました。

・営業や事務その他の仕事、どの仕事も大変ですが、その中にはひとつひとつ違ったやり甲斐があったり、楽しさがあることもわかったので視野が広がり参加してよかった。



ページトップへ