キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ / キャンパスダイアリー /  平成26年度「学生」×「地域」の取組事例発表会(三重県主催)に本学学生が参加
キャンパスダイアリー
平成26年度「学生」×「地域」の取組事例発表会(三重県主催)に本学学生が参加
平成27年3月6日(金) / ニュース

「ベストプラクティスコンテスト&大学・地域連携シンポジウム」(三重県戦略企画部主催)が31()午後1時からアスト津4階アストホールにおいて開催されました。

このコンテストは、学生が地域と日頃取組んでいる活動の成果を発表するもので、書類審査を通過した県下高等教育機関13団体(皇學館大学3、鈴鹿高専2、四日市大学1、三重短大1、四日市看護医療大1、近大高専1、鈴鹿短大1、三重大1、三重短大・三重大1、三重大・県立看護大・鈴鹿医療科学大1)によるプレゼンが行われたのち審査が行われました。また、活動展示団体として、本学より1団体が参加しました。

発表13団体全てがベストプラクティス賞を受賞したほか、鈴鹿高専の取組みである「みえサイエンスネットワーク『サイエンスリーダー』」が特別賞に選ばれました。

 

【本学:ベストプラクティスコンテスト参加団体】

☆子育て支援活動「ぴよぴよ」 ☆地域社会研究会 ☆この子想いのサポートブックプロジェクト

【本学:活動展示団体】

  ☆ビブロフィリア

 

 

 

 

 
       子育て支援活動「ぴよぴよ」     

       地域社会研究会

 

 

 

 

  この子想いのサポートブックプロジェクト  

       ビブロフィリア 

 

 

 

 

 

 

 



ページトップへ